So-net無料ブログ作成

中川氏もうろう会見陰謀説の一例


共通テーマ:日記・雑感

9.11は2001年のこと ずいぶん時間が流れた 日航機墜落は1985年8月12日

9.11は2001年のこと
ずいぶん時間が流れた

日航機墜落は1985年8月12日

東北地震3年の話をきっかけにしていろいろ思い出していた

ーーー
自分の日記を読み返してみると
2007年1月のあたり
渋谷区エリートサラリーマン夫殺害事件とかの振り返りの記事

記者:「安倍総理、2006年の今年を漢字一文字で表わすと?」
安倍総理:「んー、変化」とにやり。
記者:「総理、漢字一文字でお願いします」
安倍総理:「えー、そうですね、責任」と優しい笑顔。

原子力利権とかNHK批判とか、いまも変わらない問題が書かれている


共通テーマ:日記・雑感

こんにちは品川心療内科です 初診いつでも受付

こんにちは。品川心療内科です。うつ病と不眠とパニック障害などがメインのクリニックです。

このたび、一般外来に加え、
1.「摂食障害」専門外来
2.「自閉症、アスペルガー、高機能自閉症(成人と小児)」の専門外来を設定し、
診断と治療に取り組んでいます。


1DSC05696.jpg

目印は 住友不動産販売と 英会話のイーオンです

1DSC05588.jpg


1DSC05541.jpg

電話 03-6712-9474  予約があった方がいいですが、なくてもかまいません

特色は

「予約・個別カウンセリングで時間のめどが立つ」

「認知療法」

「摂食障害」

「自閉症、アスペルガー、高機能自閉症外来(成人と小児)」

「リハビリの個別プログラム」

「漢方薬の活用」

「家族相談の充実」

(たとえばお子さんの不登校問題、引きこもり関係、DVなど

です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多い相談は

「うつ」

「疲れ果てた」

「いい加減にして欲しい上司がいる」

「俺にどうしろうというのだ、どんなに考えてもわからない部下がいる」

「自分はアスペルガーだろうか」

「はじめてのプチうつ」

「ひょっとしてプチ・パニック」

「不眠」

「時差ぼけ」

「ときどき眠れない」「起きられなくて遅刻」

「ネットやりすぎで遅刻」


「パニック」「不安」

「電車恐怖」「会社恐怖」「会議恐怖」「上司恐怖」「部下恐怖」

「朝会苦手」「あいさつ回避」

「夫恐怖」「妻恐怖」「離婚宣言した・された・したい・されそう」

「パワハラ」「セクハラ」をされた・してしまった

「家庭内別居」

「子どもが大学をやめてしまった」

「急に子どもの成績が下がった」


「統合失調症」「原因不明の声」「集中困難」

「ADHD」「ADD」「注意欠陥」「多動」の疑い

「過食」「嘔吐」の傾向

「認知症の疑い」「物忘れ」「能率低下」

などですが

「なんとなく、一度相談してみたい」

「薬などは必要ではないし、一度だけでもいい」

「西洋薬は怖いが漢方薬でなんとかならないか」


という人も多いようです

「お医者さんだけではなく

カウンセラーさんにもお話を聞いてもらいたい」

という人も多くいます

多様なニーズに対応したいと思います

治療としては

ストレス・マネージメント・パワーをつける

ことです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なるべくカウンセリング予約の時間をきちんと決めて
その時間内に診察・カウンセリング・お薬まで完了して
予定通りお仕事に戻れる,そんなイメージです。

  • 待ち時間ゼロの仕組み
  • 終わりの時間が決まる
  • 終わりの時間までに薬も受け取れる
  • 予定通りに仕事に戻れる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もう一つの目標は
  • 認知療法を治療の中できちんと位置づける
  • 認知療法と薬剤の組み合わせをもっと工夫する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらにもう一つの目標はリハビリです
最近は休職して治療した後で、会社復帰が難しいことが多くなっています。
会社によってリハビリ出社の制度があったりなかったり
またあったとしても使いたくない・使い方を工夫したい場合もあります

さらにはうつ病のリハビリは
昔のような「収容・時間管理」型のものから
変化していくだろうと考えています

みんなで一つのところに集まって一日一緒にいるのは
練習として意味があるのですが
それを卒業してしまった一部の都会のサラリーマンには合理的ではないでしょう
重症の人に合わせるのはそれはそれで気を遣うしつらいものです

みんなに合わせる練習をする必要がある人もいますが
それは必要があれば問題なくできるという人も多いのが実際です

全体のプログラムがあってそれに参加する方式も必要ですし
それが適切な患者さんも多くいます
その中で集団への適応とか対人関係のあり方などを詳細に観察できる利点はあります
しかしそれは卒業している人も多いわけです

そこで個別にプログラムを作ります
午前中は図書館で、午後は美術館でとか
午前中は散歩で、午後は喫茶店で読書とか
いろいろなパリエーションがあっていいはずです

昔ながらのデイケアのイメージがあり
その枠内での活動に縛られるよりも
東京のように社会資源が豊かな地域に合わせたリハビリがあるだろうと考えられます

  • リハビリは集団プログラムから個別プログラムへ
集団塾から個人家庭教師へという流れのようなもので
社会資源の豊かな地域でのリハビリはそのようなものになると考えています
当院ではデイケアとかリワークプログラムのフレームは採用しません
そのレベルは卒業した人に
個別プログラムで応えたいと考えています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
薬物療法はもちろんさらに工夫を続けますが
その際に生活習慣の改善や体質改善が大きな目標になります
そのために漢方薬を活用する方向を以前から工夫してきました
今後もその方針です
  • 生活習慣の改善や体質改善を目指し、カウンセリングと漢方薬を工夫する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新橋は「予約なし」で「当日受付可能」

品川はカウンセリングは「完全予約制」で「あらかじめ電話で予約」して待ち時間短縮の方針です。診察はしばらくは余裕がありますので「予約なしで当日受付可能」です。分かりにくいですが、結局、初診はいつでもOKです。

場所 〒108-0075 東京都港区港南2-14-10 品川駅前港南ビル10階

    駅のすぐ近くですからJRや京急線の電車のほうが便利ですが、
    駅の地下に品川駅港南口公共駐車場があります。30分で100円。これは安いとみなさん驚いています。

shinagawa2.gif














電話 03-6712-9474  

品川心療内科


別の地図はこちら

曜日・時間
月~土 10時-2時 4時-8時 

医師とカウンセラーの組みあわせで診療します

院内処方ですので、診察、カウンセリング、お薬まで一カ所で終わります。


電話 03-6712-9474

予約があるとプレッシャーだなあ、という人は予約なしで突然おいでください

料金は健康保険がききます。保険証を持ってきてください。

料金初診2500-3500円、カウンセリング付き再診1500-3000円、お薬の料金によって上下します。


以下を参考にして下さい。




共通テーマ:日記・雑感

20140120013202.jpg

共通テーマ:日記・雑感

ロング Once upon a time in America

3時間48分の長編だった。
短く編集されたバージョンは何種名か見たことがあり、
話の内容が徐々に分かってきた。
今回はロングバージョンでゆっくりと考えることができた。
それにしても美しい絵。
ため息が出る。
確かにここにひとつの世界があり、
その中で完結してよいと思える。
そんな世界だ。

ニスで光る木材の材質。暗い中にくっきり浮かび上がる映像。
音楽も極上。
ジェニファーがバレエのレッスンをする場面は
今回も最上。

友情でもあり、裏切りでもある。
ずっしりとつらい物語である。

共通テーマ:日記・雑感

ネット社会とこころの悩みとDAM理論

「こころの科学」2009年3月号掲載分です

ネット社会についての話は分かりやすいと思いますが、
自己愛性格の話と
うつ病の一般論についての部分はわかりにくいと思います
ちょっと詰め込みすぎたと思いますが
気分としては「解凍しつつ」読んでいただけたらと思います。

やや解きほぐしたものは
ここにあります

*****
ネット社会とこころの悩みとDAM理論
                
 現代日本に生きる我々にとって、インターネットや携帯は心理的環境の重要な一部であり、こころの悩みの原因のひとつとなっている。実証的な記述ではないのが残念ではあるが、以下に要点を記したい。

Ⅰ ネット社会の特質

 ネットや携帯が社会不安を拡大していると議論され、ネットと携帯は現代的「悪のゆりかご」の印象がある。特質を次のように抽出できる。

A 匿名性

  匿名だから卑劣なことを書くのだと思われているが、実は匿名性はすでに見かけ上のものである。自分のことを書かれた個人にとっては、誰が書いたのかを知る ことは心理的ショックの直後でもあり億劫であるが、気持ちを立て直して「プロバイダ責任制限法」により削除を請求し、情報開示を求めればよい。ネット上に 請求の書式があり費用はかからない。

 発信側について言えば、現実のその人からは考えられないくらいの過激な言葉を書いていて驚かされる場合もある。以前は自動車を 運転するときに突然普段の人格からは考えられないような攻撃性を見せる人がいて話題になったこともあるが、ネット上でも、現実人格とネット人格に段差があ るのではないかと思わせられる例もある。受信側について言えば、韓国での事件のように自分について書かれた言葉に絶望して、命を絶つ場合もある。ネット被 害から自分を守る方法を学び、周囲は心理的支えになりたいものだと思う。

B 孤独

  鳴らない携帯は孤独を突きつける。そばに話せる人がいないから携帯に閉じこもり、書いてはいけないことを書いてしまうものだ。一般にメールやネットでは表 現が極端で断定的になる傾向があり、ときに過剰に他罰的となり他人を傷つける。また逆に他人からの言葉が配慮のないものに思えて深く傷つくことがある。内 容が少しきついかもしれないと思うメールを発信する場合には一晩くらい待ってみた方がよい。家族や友人とのリアルな交流の中で相談するのがよい。

C ひきこもり

 不登校の生徒がたいてい時間を割いているものは、ゲーム、ネット、携帯である。これには次の二つのタイプがあり対処が異なる。
1.もともと対人関係の不全があり、学校に行きにくくなり、ネット社会に慰めを見いだした場合。このときは親が携帯とコンピュータを取り上げるとますます追い込んでしまうといわれる。
2.もともと対人不全はなく、ゲームにはまり込んで不登校になった場合。これはゲームとコンピュータを親が管理することで解決することがある。
  ひきこもりはパニック障害や被害妄想の結果であることもあるが、強迫性傾向と結びついていることもある。現実世界の複雑さに反してコンピュータの世界は合 理的で予測可能で単純である側面があり、ひきこもっていれば不確実な現実から自分を守ることができる。その中では空想的万能感や呪術的思考が保存される。

D 陰湿ないじめ・性的暴力的情報・犯罪への入り口・仲間

 たとえば違法薬物の入手方法が分かるし使用マニュアルも手に入る。援助交際への入り口にもなる。ネットは犯罪へのハードルを低くしている。いじめの温床にもなっている。現実の生活では知り合うことのできないような、珍しいタイプの人と知り合うことができる。

E 子どもの養育に関する悪影響とゲーム依存・ネット依存

 小児科医の指摘によれば、まずテレビや ビデオに育児をさせていることが問題である。これでは感情応答性がうまく育たない。小学生頃からはゲームに熱中することになり、これには親も手を焼いてい る。典型的には夜更かし・朝寝坊、朝食抜き、遅刻、忘れもの、保健室登校、不登校になる。そして本格的に一日中ロールプレイイング・オンラインゲームに向 かう。このタイプのゲームは終わりもなく続き、チャットの要素も入っているので完全な孤独でもない。時々は主催者側のイベントが入り退屈しない。他の参加 者と共同の行動をとることがあり、そこにはオンラインゲームなりの人間関係ができる。これは現実の人間関係よりも薄く一面的なもので人間関係の練習にはな らないと言われるが、一方で現実の人間関係で行き詰まった人にはすこしほっとできる場所であるとも言われる。

  ネット中毒やゲーム中毒さらにはゲーム脳といわれることもある。ゲームに熱中しているときの脳の働きを調べると、脳のきわめて一部分しか使っていないよう である。映像処理部分だけが活発になっていて、前頭葉の人間らしい思考は停止していることが分かる。ゲームに時間をとられるので、共感性や社会性を発達さ せる機会が失われる。

 小さな子どもの場合に、ゲームをしている間、親がそばで一緒に画面を見て、親自身が感情応答をして見せること、また子どもが画面に反応したらそれに対して親が感情反応するというようにすれば多少はゲームの害を改善し、共感性を養うことができるかもしれない。

F リアルとバーチャルの区別

  事件の関係者についてリアル(本物)とバーチャル(仮想)の区別がはっきりしていないとする議論がある。ゲームの世界に慣れてしまい、現実を歪めて把握し ているのではないかとする。そのことを正確に診断するのは精神病理学の領域になるがマスコミではしばしばいわれることである。

  しかし発達途中の子どもの場合には現実と仮想の適切な混同は健康な現象であり、アンパンマンになりきって遊んでいるのもよく見られる光景である。大人に なっても、両者の区別を適切な場面で適切にできていればそれで良いわけで、場面によってはほどよく人格退行して、区別を曖昧にして安らぐことも大切なこと である。犯罪に関係して取り調べを受けるときは拘禁反応を起こして両者の区別ができなくなる場合がある。

G 極端さ

 農村非匿名集団から都市匿名集団に移り、さらにネット社会になって人々の欲望も表現も一段と激しくなった。度胸を試すようなことになりやすく、一部は犯罪や自殺と関係する。

H 垂直的ヒエラルキーとネット的水平

  人間の集団構成の原理は原始的には垂直的ヒエラルキー型である。一方、ネット社会は原則的に水平的平等の原理である。このずれから生じる違和感はヒステ リックな言葉や非常識な行動、さらには思考の極端さや単純さにつながる。ヒエラルキー的な軍隊において中枢部が核攻撃を受けて破壊された場合の組織と情報 の保護のために開発されたネットの歴史を見れば、ネット社会とヒエラルキー社会との原理の違いが必要だったことが分かる。しかし原理が違うので不都合も生 じる。検索会社の提供する検索システムはヒエラルキー的で資金力のある者の優位を保障しており、水平的ではないのが興味深い。一般人の良い意見にはたどり着けないのが現状である。

I 同質性

 たとえば将棋では、情報を手に入れやすくなっているので誰でも勉強できる。しかしみんな同じことを勉強してきたので強さも作戦も弱点も同じ。情報ハイウェイを降りた場所からが難しいといわれる。同質性集団特有の集団心理にとらわれやすい。

Ⅱ ネット社会と自己愛

 ネット社会では性格の中に自己愛成分を多く含んだ人が増える印象があるとの報告が数多くある。まず自己愛の特徴から見ていこう。

A 自己愛性格の特徴とネット社会が性格の自己愛成分を増やす理由

  すぐに感情を荒げてとげとげしい言葉を投げつけ、自分の衝動や欲求や不安を抑制することができず、相手が傷ついても構わず平気で強引にわがままを押し通 す。相手を傷つけることが快感でもあるようす。教育と訓練が欠如した未熟で幼稚な性格。このような自己愛性格の特徴は「傲慢、賞賛欲求、共感不全」かつ 「臆病」とまとめられる。中島敦「山月記」でよく表現されている。「少年は大人ではなく大きな少年になった」「僕は僕のすべて」「自分王国の自分様」など と言われる。社会的には無力であるが、そのことを自分の欠点と認識しない。「お互い様」が消えてしまい、「相手の立場に立ってみる」ことが少なくなった。 自己愛的な他人に接するとき、自分も自己愛的にならないと傷つけられるだけだから、社会には自己愛成分が増えていく。電車の客席のマナーなどを想像すれば 分かりやすいが、自己愛的な態度は周囲の人をも自己愛的にしてしまう。傲慢さの背景に臆病が透けて見えることも指摘されていて、自分の利益を守るためには 臆病な人ほど過度に攻撃的にならざるを得ないのだろう。

 ネット・携帯社会だけではなく、少子化、第三次産業へのシフト、大量消費社会、情報化社会などが複合して現代人の心理変化の原因になっていると思われるが、ネット社会に関していえば、現実社会に比較して「簡単・確実・迅速・非共感的」であることが特徴である。現実社会は不確定で、他人の事情に左右され、複雑で遅く、自分の予測した反応が返ってこないし、我慢が必要である。ネット社会のほうが居心地がいいと感じる人がいても無理はない。

  ネッ ト社会に慣れた人は「待たない、確実を求める、我慢ができない、何かあれば他罰的、自己中心的で共感しない」という態度になる。これが自己愛性格を培養す る。これは大量消費社会の消費者の態度でもある。対人関係の原型が匿名の客と店員になっていて、他人には傲慢で共感不全であると映ることになってしまう。 母と子、店員と客、コンピュータとユーザーの関係で生きていることが、自己愛性格を培養していると考えられる。都市化して匿名性が高まったが、個人情報保護が原則のネット社会ではさらに一歩進んで匿名社会であり、匿名の一時的人間関係が増えれば自己中心的な言動が増えることになる。現実社会では入れ替わりが激しい匿名的なワンルームマンションの管理で自己中心性が問題になっていることも参考になる。

B 幼児的自己愛が保存される理由

  自 己愛の中の空想的全能感は幼年期に少子化核家族化の中で養われ、母親という培養器の中で肥大する。そのあと学校集団で自分を相対化して見つめることで、自 分の位置を確認し、客観的な自分と主観的な自分を一致させる。傲慢ではなく、社会的に容認される程度のプライドになり、ひそかな自尊心になる。酒の席など で意外な自尊心を打ち明けられて驚くこともある。

 しかし最近では母親という培養器からネットという培養器に直接移植さ れてしまい、自己愛が幼児的なまま修正を受けずに保存されてしまうようである。ネット社会は母親に代わって自己愛を培養し続ける。学校や会社ではほどほど に周囲に合わせて溶け込んでいるのだが、たとえば心が傷つけられる場面などで自我機能が退行すると、肥大した自己愛が前景に立ち現れる。現在は学校が自己 愛保存的な場所となっていて、一方会社はグローバル化もあり保護的な場所ではなく利益を要求される場所となっており、学校と会社の間には段差がある印象で ある。学校を出て就職すると段差に気付き、不適応が現れる場合もある。

C 自己愛性人格障害

  自己愛の問題が極端になると自己愛性人格障害となる。アメリカの研究・統計用診断基準であるDSM- Ⅳ- TR での自己愛性人格障害の項目が代表的であるが、最近ではこれを細分化する試みもあり、代表的なものは次の自己愛性人格障害のサブタイプである。

1.無自覚型 oblivious narcissism
他者の反応に無頓着。高慢で攻撃的。注目の中心であろうとする。送信者であるが受信者ではない。DSM- Ⅳ- TRの自己愛性人格障害の診断基準はこのグループとほぼ一致する。

2.過剰警戒型 hypervigilant narcissism
他者の反応にひどく敏感。抑制、恥ずかしがり、目立つのを避ける、注目の中心になることを避ける。他者の話に軽蔑や批判の証拠を注意深く探す。容易に傷つけられる感情を持つ。恥と屈辱の感情を起こしやすい。

  こ れらを寒さと痛さの間で妥協点を見つけるハリネズミの比喩でいうと、1.針が長いので他人を傷つけて騒いで回る。他人の痛みが分からない。従っていつも寒 い。2.他人を刺すことはないが他人の針を過剰に痛がる。従っていつも寒い。こうしてみるとネット社会は1.のタイプにぴったりだということが分かる。 2.のタイプはつらいので彼らはネットに長居はしないが、何を言われているのか気になるので継続的に警戒して、結局傷つく。無自覚型が一人いればそのまわ りに過剰警戒型が何人かいて、困ったなと思い息を潜めている。さらにその外側に、ネットなんかただのネットじゃないかという人たちがいる。

D 幼児的自己愛成分が成熟しない理由

  幼 児的自己愛成分が成長して次の段階に進まないのにも理由がある。幼児的自己愛成分は本来、発達の途中で社会的に肯定されるアイデンティティへと進展して解 消される。そのときに社会の側が用意している主要な価値観がアイデンティティのガイドラインになる。現代日本ではかつての主要な価値観の場所に自分らしい 自分やオンリーワンの自分になるという「自己実現」がある。自分のアイデンティティは本当の自分になることといわれて、その先に進めない。価値観の多様化 の中では主要な価値観の消失も当然だともいえるが、アイデンティティ獲得が難しいことも確かである。

Ⅲ ネット社会のうつ病と病前性格とDAM理論

 以下ではこれまで提案されているうつ病の類型と病前性格についてDAM理論としてまとめ、現代では各種病前性格の未熟・自己愛型が増え、それを基盤としたうつ病が増えていることを述べる。
  うつ病について筆者は以前から神経細胞の反応特性の分類からDAM理論を考えてきた。原田誠一先生は講演の中で、うつ病の病前性格について、笠原嘉先生が 「熱中性、几帳面、陰性感情の持続、対他配慮」とまとめていることを紹介した(笠原嘉:うつ病の病前性格について.笠原嘉編「躁うつ病の精神病理1」弘文 堂,東京,1976 ; 1―29。笠原嘉 『軽症うつ病― 「ゆううつ」の精神病理』講談社現代新書、一九九六年)。この講演に触発されたのであるが、前三者がDAM理論とよく一致するので「熱中性、几帳面、陰性 感情の持続」と「対他配慮」の二つに分けて考察の糸口とすれば合理的である。前者は生物学的な指標であり、後者は社会的習慣の問題である。

A 対他配慮の現代的変質

  昔 は利他的対他配慮であったものが、いまは自己防衛的利己的他者配慮と見える。他者との関係の仕方そのものに変化が生じていると思われる。利他的対他配慮は 報われない可能性を含み、特に相手が自己愛的である場合に大きく傷ついてしまう危険がある。現代ではそのような利他的対他配慮ではなく、自分が傷つかない ように、他者との距離をとっておくという防衛的な意味での他者配慮に変化している。簡単に言えば他者中心から自己中心に変化しているのだが、発達から言え ば、自己中心のままで成長が停止して他者中心に至らないといえる。これを未熟・自己愛型の増加と表現できる。

  ハ リネズミの比喩で言えば、昔は針に刺されて痛くてもいいから、他人を温めたかったし温まりたかった。現在は寒くてもいいので、自分が傷つきたくないし、相 手を傷つけたくない。昔は温かい方が大事、現在は針の痛みを避ける方が大事という印象である。一九六八年の連続射殺事件は他人のとげが痛いと悲鳴をあげた 事件で、二〇〇八年の秋葉原事件は寒すぎると悲鳴をあげた事件と対比できる。

 対他配慮は社会的成 分であるから、社会のあり方と教育の結果であり可変的である。対他配慮が報われなくてエネルギーを使い果たし、結果としてうつになることは過去に多かっ た。それは社会の支配的な価値観として、対他配慮が主な徳目であり、エネルギーを注入すべき対象であったからである。部下を思いやる責任感の強い上司で 30代以降に発症するのがメランコリー親和型うつ病であった。しかし最近は対他配慮の故に疲れ切るということは多くはない。むしろ、他人からの配慮がない から自分はうつになったと怒りと恐怖を伴いつつ20代が語っていて、向きが逆になっている。

B 熱中性、几帳面さ、陰性気分の持続は生物学的指標である:DAM細胞

  一 つの神経細胞に対する慢性持続的ストレスを想定して反復刺激を考えてみよう。キンドリング(てんかん)や履歴現象(統合失調症)のように、次第に反応が速 く大きくなるタイプの細胞がある。これは躁状態と関係しているのでM細胞(Manic:躁的)とする。熱中性、高揚性、精力性と関連している。

 次に、反復刺激に対して常に一定の反応を返す場合がある。これは強迫性傾向と関係があり、A細胞(Anancastic :強迫症的)と名付ける。几帳面の成分である。

  反復刺激に対して急速に反応が減弱するタイプの細胞があり、うつに関係するので、D細胞(Depressive :うつ的)と名付ける。陰性気分の持続と弱力性に関係している。人間の脳の神経細胞は大半がこのタイプであると考えられる。

C うつの発生メカニズム:DAM理論

  持続反復性ストレスに対してM細胞が次第に大きな反応を返している時期が躁状態であり、M細胞がダウンして機能停止するとD細胞の特性が反映されてうつ状 態になる。しばらく時間が経てばM細胞は活動を開始して躁状態になる。これを反復するのが躁うつ病の特徴である。うつ病だけが存在することはなく、微細で あってもその直前にはM細胞活動亢進期としての躁病期があると考える。A細胞の強迫性は躁うつ病の各時期で前景に出たり背景に退いたりしつつ見え隠れす る。M細胞機能停止しても、A細胞成分が大きければうつ病よりは強迫成分が前景に現れることになる。M細胞がサーカディアンリズムと関係していると考えれ ばM成分の不在により不眠と日内変動を説明できる。

D 病前性格の説明

 M、A、Dの三種の細胞特性がどのくらいの量、脳のどの部分に分布しているかが病前性格の一部を説明する。三種は相互に移行型があり連続している。

1.M 細胞成分が多い脳は熱中性が強く双極性・循環性の性質を帯びる。BP(Bipolar mood disorder:双極性気分障害)ⅠやⅡがこのタイプになる。BPⅠは躁状態+うつ状態、BPⅡは軽躁状態+うつ状態である。病前性格が循環気質で躁う つ病になったという場合、このタイプである。未熟型うつ病は未熟かつ自己愛的循環気質の若年発症タイプで人格障害と区別しにくい。また逃避型抑うつはこの 類型に近い。

 社会全体が軽躁状態であるとき、BPⅡの軽躁状態は隠蔽されてしまう。明治時代から 高度経済成長期に至るまで、BPⅡの場合に診断はむしろ単極性うつ病とされた。戦争に向かう熱狂や会社組織への献身は軽躁状態だったのだろう。適応のよい 状態とは実は軽躁状態であることもよくある。

2.M細胞成分よりもA細胞成分が多いものは几帳面で 強迫性成分が強くなる。メランコリー親和型うつ病の病前性格としてのメランコリータイプはこの類型である。反復刺激によりA細胞が反応している間は強迫性 傾向を呈し、その後疲れきって、機能停止する。そのときにはM細胞も疲労して休止していることが多いので、うつ状態になる。M細胞が早く回復すると躁うつ 混合状態になる場合もある。退却神経症はこの類型に近い。

 非定型うつ病の遅発・非慢性タイプはメランコリー型に近く、若年発症・慢性型は病前性格の描写がまだ不十分である。職場がメランコリー親和化して自己愛型未熟型性格に発生するとされるのがBeard 型うつ病である。

3.M 細胞成分とA細胞成分が相対的に少ないものは弱力性格になり、熱中性も几帳面も強くない。現代的弱力性格の人たちは、表面的には自分について自信をなくし ているのだが、その内面には誇大的自我を持ち続けていることも多く、ときにそれが露出することが観察される。つまり、一方的な弱気ではなく自己愛成分を強 く保持していることが多い。これは弱力性と未熟な自己愛の結合となる。これがうつ病となるときは弱力性格型うつ病の未熟・自己愛型と呼べばいいと思うが、 DSMのⅠ軸の症状としてはディスチミア(長期に続く軽度の抑うつ傾向)に近くなり、現代的各種うつ病のなかではディスチミア親和型うつ病に近くなる。

4.M細胞成分とA細胞成分が多いものは執着気質で熱中性も几帳面も強い。両者の機能停止と回復の時間的プロフィールによって、躁、うつ、躁うつ混合状態、さらにそれと強迫性傾向の混合が見られる。20歳くらいで発病すると人格障害と見分けにくい。

E 現代的病前性格は共通に未熟・自己愛型のままで発達が止まったタイプになっている

  以上の1-4のどのタイプにも中間移行型がある。そしていずれの場合も(a)昔風の対他配慮は失われていて、自己防衛的利己的対他配慮が働き、言い方を替 えれば自己中心から他者中心に移行しないままでとどまっている。(b)個人の中でも自己愛成分が保存され、社会全体としても自己愛成分が保存されている。 (c)全体に完成型とならず未熟型にとどまり、発症すると人格の問題と紛らわしい事態になる。

 性 格は未熟・自己愛型から次第に成熟・対他配慮型に移行すると考えられ、大人になる頃にはM、A細胞が過剰刺激に対して活動停止するようになっているので、 従来は成熟・対他配慮型性格となった大人に成熟・対他配慮型うつ病が発生していた。子どものうつ病については議論があるが、子どもは睡眠が多くストレス課 題が少ないことから、また神経細胞の回復が早いことからM細胞の活動停止は起こりにくい。従って常に活動的でうつ病にはなりにくく、ある程度成熟した年代 になってはじめて過剰のストレスにさらされ神経細胞の回復が遅くなりうつ病に至る。睡眠障害がうつ病と密接な関係があるのは細胞修復と関係しているからで ある。

 しかし現代では生活年齢が20歳くらいになるとM、A細胞の活動停止がみられるようにな り、一方で性格面は未熟・自己愛型のままでとどまる。ここで現代的なうつ病像が成立し、症状は未熟・自己愛的な性格傾向に彩られる。うつ病が全般的に若年 化、軽症化、神経症化、適応障害化、難治化していることも理解できる。

F 自己愛とうつ病

  以 前から自己愛とうつ病については密接な関わりが指摘されてきたが、現代的な自己愛では現代的なうつが見られる。「傲慢、賞賛欲求、共感不全」の自己愛型の 人が世間を生きていたら、傲慢なので人に嫌われ、期待した賞賛が得られず自分自身は幻滅する。結果として人間不信になる。対人関係で傷つくのでうつにもな りやすく、その場合は従来のタイプとは異なるうつ病になるといわれていて、新しいうつ病のタイプがいくつか提案されている。

  そ の中の一つのタイプにディスチミア親和型うつ病がある。ディスチミア親和型と名付けられているものの、ディスチミアが病前性格や病気の基盤であるとは言わ れていないので注意を要する。これは若者に多く、うつそのものは軽症であるが治りにくい。他罰的で逃避的、仕事よりもプライベートが大事。集団との一体化 は希薄で、学校時代には不適応はなかったが、会社には不適応という例が多い。やる気が出ないと言い、自分を生かせる職場を希望する。役割に固執せず、むし ろ自己実現を価値の中心においている。ディスチミア親和型うつ病の病前性格として、未熟・自己愛型弱力性格を考えれば上記の諸特徴を説明できる。また学校 時代に不適応がないのは、現代の学校が自己愛保護的な場所になっているからである。

G 併存症と治療

  併存症(comorbidity)については、躁うつ病については脳の非局在性の病変であり、不安性障害と統合失調症は局在性の病変と考えることができ る。M、A細胞の活動亢進と停止が特定の部位で起これば不安性障害や統合失調症との併存になる。不安性障害に関係する局在部位を含んでM細胞の活動亢進と 休止が関与すれば一種の過敏性が形成されて躁状態の代わりにパニック病像が形成され、その後にはうつ状態が見られる。パニック障害自体が相性に現れて、消 える。A細胞が関与すれば全般性不安障害(GAD:Generalized Anxiety Disorder)に近くなる。統合失調症の場合には局在病変への関わりを考えれば再発に関する履歴現象が特徴であり、これにM、A細胞系が関与してい る。さらに統合失調症自体が慢性的持続的ストレスとなるため非局在性のM細胞休止に至るので、ポスト・サイコーティック・デプレッションと呼ばれる精神病 極期後のうつ状態となる。個別の病型では非定型うつ病で社交恐怖との併存が多いと指摘されている。なお、パーキンソン病で観察されるアパシーはうつ病と異 なり「うつを伴わないアパシー」といわれている。行動・認知・情動の動機付けの低下がアパシーであり、興味低下や喜び低下は起こるが憂うつは起こらないと 議論されている。以前はドーパミン系とリンクしたうつ状態と考えられていたが、診断学の進歩と考えることができる。

  面接ではDSMのⅠ軸、Ⅱ軸に注意するとともに、以上述べたように、性格の中の熱中性、強迫性、弱力性、対他配慮、自己愛成分、全般的未熟性の6項目につ いて留意すれば診断の助けになる。最近では40代で急に仕事ができなくなったなど認知能力低下や性格変化が起こり、職場や家庭で困難がある例があり、うつ 病を疑うとしても、早期に起こる脳器質的変化の可能性を鑑別すべきである。そのとき認知機能と性格の観察が役立つ。

  治療はM細胞とA細胞が回復するまで時間をかけて待つこと、自殺を防ぐこと、再発を防ぐためにメカニズムを教育することである。抗うつ剤のSSRIは長期 のダウンレギュレーションによりセロトニンレセプターを減少させることでM、A細胞の一部の活動亢進を抑制する効果がある。またSSRIは不安性障害に関 係する局在部位でM、A細胞の活動亢進を抑制することにより不安を抑制できる。

Ⅳ ネットリテラシー教育

 薬物療法、精神療法は省略するが、これらと並んで大切なのがネットリテラシー教育である。これはインターネットや携帯の独特の仕組みと読み書きのマナーを心得ることで、学校でも家庭でも教育を心がけたい。

 発信側として大切なのは、声も表情もなくても誤解が生じないか慎重になることである。言い過ぎは後悔のもとである。誤解する方が悪い場合もあるが、誤解されないように充分注意する責任もある。

  受信者としては情報の極端さとまじめ度を見分けたい。世の中全体の見取図が自分の内側にあれば、情報の極端さを評価できる。それは真偽とも好悪とも関係の ないもので、世界の全体の中ではどのくらい極端かという点である。あわせてどのくらいまじめなのか余裕があるのかを見分ける。オウム事件で学んだように、 極端でかつまじめだったら、注意して扱う方がよい。情報が断片的であることはネットの短所である。知識や判断の総合的な見取図を形成するためには読書と友 人が大切である。



共通テーマ:日記・雑感

マザー・テレサのことば

マザー・テレサ

Life Is ... 
人生とは... 

Life is an opportunity, benefit from it.         
人生とは一度だけのチャンス、何かつかみとりなさい

Life is beauty, admire it.                  
人生とは美しいもの、 賛美し大事になさい

Life is bliss, taste it.                    
人生とはひとつの喜び、うんと味わいなさい

Life is a dream, realize it.                 
人生とはひとつの夢、必ず実現しなさい

Life is a challenge, meet it. 
人生とは一度の挑戦、受けてたちなさい

Life is a duty, complete it.                 
人生とはひとつの責任、人生をまっとうしなさい

Life is a game, play it.                  
人生とは一度のゲーム、おもっいっきり楽しみなさい

Life is a promise, fulfill it.                
人生とはひとつの約束、それを果たしなさい

Life is sorrow, overcome it. 
人生とは深い悲しみ、困難を乗り越えなさい 

Life is a song, sing it. 
人生とは命の歌、心から歌いあげなさい

Life is a struggle, accept it. 
人生とは戦い、受け入れなさい

Life is an adventure, dare it. 
人生とは一回だけの冒険、大胆に挑みなさい

Life is luck, make it. 
人生とは一度だけの幸運、 呼び込みなさい

Life is too precious, do not destroy it. 
人生とはかけがえのないもの、けっしてこわさぬように

Life is life, fight for it. 
人生とはたった一度だけ、それが人生、勝ち取りなさい!! 

*****
考える時間を持ちなさい
祈る時間を持ちなさい
笑う時間を持ちなさい

それは力の源
それは地球でもっとも偉大な力
それは魂の音楽

遊ぶ時間を持ちなさい
愛し、愛される時間を持ちなさい
与える時間を持ちなさい

それは永遠につづく若さの秘密
それは神が与えてくれた特権
自分勝手になるには、一日は短すぎる

読書する時間を持ちなさい
親しくなるための時間を持ちなさい
働く時間を持ちなさい

それは知識のわき出る泉
それは幸福へつづく道
それは成功の価値

施しをする時間を持ちなさい

それは天国へと導く鍵・・・



共通テーマ:日記・雑感

統合失調症とうつ-7

Ⅰ既知の事項のまとめ
1.統合失調症ではうつ状態が認められる例は多く、古くから指摘されてきた。しかもあらゆる病相で認められる。また統合失調症の場合に約10%は自殺するといわれ、一般人口に比較して9~30倍といわれている。統合失調症に際しては、うつ状態と自殺が直結するものもあり、統合失調症そのものが自殺と直結するものもあり治療も異なるのであるが、すべての病期を通じて、自殺を防止することが重要である。
 一方、うつ状態は、不眠、食欲不振、不安、意欲低下などと共に、一般に何かの不調の始まりのサインであることが多く、疾患特異性は少ないと考えられる。
2.統合失調症患者がうつ状態を呈するとき、鑑別診断が重要である。
1)統合失調症前駆期のうつ状態。つまり、幻聴、させられ体験、被害妄想などが発現する前に見られるうつ状態である。これを統合失調症を基礎とするものと診断することは容易ではないが、相談時の年齢が30歳以下であること、遺伝歴があること、社会適応が悪いことなどが発見の手がかりとなることもある。うつ状態の形をとることもあれば、うつ状態類似の統合失調症性陰性症状の形をとることもある。児童思春期の場合には疾患の鑑別も難しいし、薬剤に対する反応が予測しにくいので治療も難しい。
 治療としては男性は少量のSulpirideが使いやすい。女性の場合には高プロラクチン血症による副作用を考慮し、クロチアゼパムなどのベンゾジアゼピンを用いる。遺伝歴が明白な場合にはSDAで開始する。統合失調症前駆期のうつ状態と考えたときにはSSRIなどの抗うつ薬は、自殺の危険を考えて使用しない場合もあり、バルブロ酸などの気分安定薬で経過を見ることもある。精神療法としては、症状と距離をとり対象化することを目標とする認知療法がよい。
2)統合失調症急性期におけるうつ状態。つまり、幻聴、させられ体験、被害妄想とともに見られるうつ状態である。統合失調感情障害の可能性も考える。この場合には原則として充分量のドパミン遮断薬が有効である。病識が残存する場合、二次的に抑うつ状態を呈することもあるが、その場合も、抗精神病薬で対処する。精神療法としては、寄り添うこととなる。しかし一方で、3)で記述するように、過量の抗精神病薬による悪性症候群-悪性カタトニア-うつといった一連の類似症状があるので、これを鑑別したら、抗精神病薬は減量し、ベンゾジアゼピン高用量を用いて対処する。こうしたときのうつ様カタトニアに対して抗精神病薬は増量しない方がよい。治療困難の場合にはECTも考慮する。ドパミン過剰または逆にドパミン遮断が引き起こすうつまたはうつ様の一群があるのかもしれないと考えさせる材料である。
3)統合失調症急性期後のうつ状態は精神病後抑うつ(postpsychotic depression)と呼ばれているものである。これは疲弊性うつ状態と陰性症状、さらには薬物性のうつ状態とに鑑別できるはずのものである。鑑別は実際には容易ではないが、疲弊性うつ状態の場合には疲弊に加えて病識の部分的回復も見られ、悲観的、憂うつ、自責的であり、陰性症状の場合にはむしろ、意欲減退、興味喪失、無為、自閉などが目立つ。
 統合失調症急性期後疲弊性うつ状態の場合には、抗うつ薬は有効、無効、有害の各説があるが、私見ではSDAとSSRIやアモキサピンなどを併用してよい。ただし自殺には充分注意する。SDAとSSRIの併用に際しては、酵素の代謝の関係で、お互いに作用を強め合う点にも注意を要する。炭酸リチウムを加えて有効との考えもある。
 陰性症状の場合には、アリピプラゾールやブロナセリンなどのSDAを調節・変薬しながら経過を見る。
 薬物性うつ状態の場合には高力価の第一世代ドパミン遮断薬を大量に使っている場合が多く、不快気分と活動性低下が主症状となる。SDAの方が薬原性うつを起こしにくい。SDAが使用され始めた当初はawakening(めざめ現象)に注意すべきと言われた。認知が急速に改善し病識が回復すると、抑うつと自殺の危険が高まることが理由である。現在は第一選択薬がSDAであるから、昔ほどの危険はないと思われる。
 抗精神病薬がうつを引き起こすかどうかについては、結論は得られていない。しかし、抗精神病薬による悪性症候群は悪性カタトニアと似ているとの議論があり、悪性カタトニアは高力価ドパミン遮断薬の大量投与時に多い。そしてカタトニアの症状としては無動・無言、姿勢固定などがあり、うつと重なる。こうしてみると悪性症候群にならない程度の、マイルドなものの場合、カタトニアとうつは似たものになり、それがうつと診断されている場合があると思われる。その場合の対処は抗精神病薬の減薬、ベンゾジアゼピン高用量の使用、たとえばロラゼパム12~8㎎などの数字が挙げられている。カタトニアは従来、統合失調症の下位分類の一つとして言われてきたが、最近の調査ではうつ病に伴う場合が多いとの結果があり、重症の場合にはECT電気けいれん療法が推奨されている。
 自殺の危険を考えて抗うつ薬よりも気分安定薬としてバルプロ酸などの抗てんかん薬が使用されることがある。しかしFDAは2008年に抗てんかん薬自体が自殺をリスクを高めると注意喚起し、それに対してはアメリカてんかん学会でメタ解析の方法などについて異議が提出された。FDAの注意喚起とは次元の違う問題であるが、私見としては、量によっては意識覚醒状態に影響を与えることにまず注意すべきだと思う。そのほか、炭酸リチウムが推奨される場合もある。
 薬剤によって引き起こされる症状として、アキネジア性抑うつと呼ばれるものがあり、活動量減少、無気力、無関心を主徴とする。主剤を減量または変更するか抗パーキンソン薬を加えるかする。焦燥感を主とするアカシジアもうつ状態の焦燥感と似るが、これも同様の対処でよい。アカシジアに対しては抗パーキンソン薬を推奨しないガイドラインもあり、別の本ではベンゾジアゼピンとβブロッカーを推奨している。
 精神療法としては、病識回復にあたっての絶望と不安を受容支持することである。自殺について積極的に話題にし、些細なきっかけも見逃さない。必要があれば入院を勧める。デイケア、通所作業所などの精神科リハビリテーションでは、患者の回復に合った課題を提案し、役割と居場所を提供し、自尊心を回復させることができる。また、家族と一時的に距離をとることができる。治療者の方が早足になってはならない。
 認知行動療法としては、認知の暗黙の否定的構え(スキーマ)があれば、それに対して働きかける。教育的観点からは、医学の発展もあり、社会の進歩もあり、決して悲観する必要のないことを伝える。また、自分が今回急性期に至ったきっかけを分析することで、再発のパターンを知り、次回の増悪に備える。また、統合失調症の長期経過を示すことによって、次の急性増悪の予防が大切であること、そのために継続的服薬が大切であることを理解していただく。
 また、一定のレベルダウンのあった患者さんには、SSTを用いて、日常生活に支障の少ないよう工夫する。社会に関わり、焦らず着実に治療を進めためには、家族の理解と協力が不可欠である。早い時期に家族に治療協力者としての役割を引き受けてもらう。各種の社会福祉制度の利用も大切で、年金や施設の利用、また自助グループ(たとえばベテルの会)などで患者同士が啓発し合うことにより深刻な抑うつから免れることができた例も多い。
 薬剤のアドヒランスを高めるためには漢方薬を併用することも方法である。精神安定のために柴胡剤(柴胡加竜骨牡蛎湯や柴胡桂枝乾姜湯また加味帰脾湯など)を中心にして、気を補う補剤(補中益気湯や十全大補湯)を用いたり、また不安に対して半夏厚朴湯、また女性の場合の生理周期と関係した不調に当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯、などを病期に応じて最適なものを調整する。
4)疲弊期から回復しても統合失調性のレベルダウンが残り、うつ状態に類した病像を呈する場合を残遺期と呼んでいるが、環境刺激に弱いので、疎外体験や孤立体験のあった場合や自殺念慮のある場合は入院治療も考慮する。SDAを調整して不足のある場合にはSSRIを加えることがある。
5)総じて、統合失調症の再発と自殺を防ぐことが第一目標となるが、QOLを改善することも大きな目標である。
Ⅱ背景となる仮説
 初診でうつ状態を呈している場合、うつ状態は統合失調症を否定しないし、甲状腺機能異常や副腎皮質ホルモン異常などの身体病であることもあり、認知症の始まりであることもあり、脳梗塞の症状であることもある。諸検査で身体病が除外されたら、年齢を目安にして、15から30歳ならば統合失調症と躁うつ病の可能性、30-50歳ならばうつ病と躁うつ病の可能性、50歳以上ならばうつ病と認知症の可能性を考える。
 遺伝歴は重要である。家族の雰囲気も重要である。病前性格についてチェックする。また、病前の社会適応についてチェックする。対人距離の取り方は、その人の生来のドパミンレセプターの敏感さを反映しているだろう。敏感ならば対人距離を大きくとる傾向がある。
 たとえばひとつのストーリーはこうである。その人は生まれたときからドパミンレセプターが過剰で過敏な性質であった。人と同じ体験をしても過剰にドパミンを伝達してしまい苦しいので、引きこもりがちになる。家にいると自然に読書に親しむようになる。成績は悪くないので肯定される。このようにしてドパミンレセプター過敏のままで成長し、過敏さを保ちながら、何とか破綻しないで生活する方法を身につけている。しかし思春期になり、異性に出会い、社会での自分を生きるので、「金、色、面子、健康」などを主題にして過剰なドパミンにさらされ、内面の危機に直面する。性的場面や社会的序列を意識する場面でドパミンは放出され、非常に軽いとしても、自我障害が発生する。
 ドパミンD2受容体仮説は1960年代からのもので、中脳辺縁系のドパミン神経過活動が陽性症状と関係し、中脳皮質系でのドパミン神経の抑制が陰性症状や認知機能低下と関係するとする説である。黒質線条体でのドパミン神経抑制はEPSの出現に関係している。第一世代のドパミン遮断薬は中脳辺縁系をブロックして陽性症状を沈静化するが、同時に中脳皮質系をブロックするので陰性症状は悪化し、黒質線条体系のドパミンブロックでパーキンソン症状が現れる。最近のSDAの例で言えば、ブロナセリンは中脳辺縁系ドパミン伝達を抑制し、中脳皮質系ドパミン伝達を促進するとの説がある。これは理想的なプロフィールなのであるが実際には期待通りには行かない場合もある。アリピプラゾールはドパミン遮断と言うよりもドパミンシステムスタビライザーと言われているが、これもまだ臨床的評価の途中である。両薬とも、従来薬薬に比較すれば、統合失調症の経過で見られるうつに対してはよい対策であるように思う。クエチアピンやオランザピンはMARTAと呼ばれることがあるように、ドパミン、セロトニンだけではなく、さらに多種類のレセプター部分に作用して効果を発揮するので、患者の特性に応じたものが見つかれば有効である。症状の消長だけではなくQOLを改善する観点に立てばMARTAやSDAを活用し、錠剤数と服薬回数を減らす方針もよい。
 自我障害について考えてみる。動物の神経系は「感覚器で刺激受容」→脳の処理「自動機械」(無意識に反応している部分)→筋肉の反応→現実の結果→「感覚器で刺激受容」というように現実と脳を両側においてループを形成している。これだけならば自意識は発生しない。「自動機械」だけが存在していると表現してもいいだろう。
 人間の場合、刺激を受容し、その出力としての筋肉の反応の間に、脳内の「世界モデル」を発生させ、行動の結果をシミュレーションする。そして、脳内の「世界モデル」から出力された信号と、「自動機械」が出した実際の行動の結果の信号を、比較照合する。違いがあれば脳内「世界モデル」を訂正することによって、さらに正確な予測ができるようにする。「世界モデル」そのものが現実とずれているとき、認知障害や行動障害となり、一部は性格障害となる。
 「世界モデル」が現実を転写する機能は、運動における小脳の機能と似ている。また受動意識仮説の「リベットの実験」については多くの論文がある。
  「世界モデル」からの出力と「自動機械」からの出力は、時間差があり、常に「世界モデル」からの出力が、比較照合部分に一瞬早く届くように調整されている。このことから、能動感や行為の自己所属感が生じると私は仮説を考えている(「時間遅延理論」)。つまり、人間は「自動機械」部分だけで生きて行くには充分であるが、「世界モデル」部分があることによって自意識が発生する。これは人間を強く特徴づけるものであるが、進化の最後に発生した部分であり、壊れやすい。「時間遅延理論」でいうと、自由意志は錯覚であり、自我障害は錯覚が失われる苦しみということになる。
 そもそも考えてみれば、各感覚器から脳の処理部位に信号が伝達されるのは同時ではない。しかしそれを同時であると見なして現実を構成している。同時と見せるように時間調整をしている部位があると考えられる。その部分の障害を考える。
 「世界モデル」からの出力が「自動機械」からの出力に遅れると、自我障害となり、遅れの程度によって、させられ体験、強迫性体験、幻聴、自生思考などになる。これが統合失調症の急性期の事態である。例えば、幻聴は、自分で話そうと思ったことの出力が「自動機械」側が先になり「世界モデル」側からがあとになるので、他人が話している、聞きたくもないことを聞かされていると知覚することになる。
 ドパミン遮断薬はその特性によって、「世界モデル」からの出力と「自動機械」からの出力のそれぞれを違う程度に遅延させる。もっとも強力な薬剤は、両方とも大きく遅延させる。これが薬剤過量によるうつである。ある程度マイルドな処方にすると、「自動機械」からの出力はやや遅延させ、「世界モデル」からの出力は遅延させない程度になる。こうなると、自我障害は改善する。逆に、薬剤の特性によっては「自動機械」からの出力を遅延させず、「世界モデル」からの出力を遅延させる。この場合は自我障害は改善しない。ブロナセリンのプロフィールはこの理論によく一致していて、中脳辺縁系と中脳皮質系への効果の差と考えても、さらに前頭前野などへの効果の差もあるのかと考えてもよさそうである。アリピプラゾールも同様に中脳辺縁系でドパミンを抑え、中脳皮質系でドパミンを増やすと言われていて、これも時間遅延モデルをよく補強する。
 一方、SDAの効果としても、セロトニン系への関与が重要だと言われており、統合失調症のうつの場合にSSRIを加えるのが有効であり、逆に、うつ病の場合に、SSRIだけで対処できない場合にはSDAを少量使って有効なことがある。さらに抗てんかん薬はグルタミン酸系やGABA系に作用して神経を保護している。抗精神病薬も抗うつ薬も飲めば最初は眠くなり、そのことは脳神経を保護するのだろうと思う。
 自我障害が続くとうつ状態になるが、疲弊性以外にうつ状態の説明があるかといえば、難しい。例えば、精神病極期にはドパミンなどのモノアミン系が使い果たされて、モノアミン系枯渇状態にあるのだと説明することはできる。そのことを疲弊の実体だと考えてもいいだろう。そうであれば、ドパミン遮断薬はマイルドに使い、セロトニン系抗うつ薬を重ねて使用しても意味がある。時間遅延性の症状にはドパミン系を、疲弊性にはセロトニン系をと考える。
 自我障害が発生した場合の心理的外傷は大きく、充分に抑うつの原因となりうる。また、自分の現在と未来を考えて、悲観的になることも理解できる。こうした事情を含んで精神病後疲弊性抑うつと呼んでいる。この場合には、心因反応として、悲哀のエピソードのあとの抑うつともメカニズムは似ているし、躁うつ病において、躁状態のあとの疲弊性のうつ状態ともメカニズムは似ている。しかし躁うつ病の場合には、疲弊性うつが終わったあとに、本質的なうつ病が進行する。自我障害のあとには疲弊性うつが前景に立つ時期があり、そのあとは陰性症状が主となる。このあたりを微細に診察することで症候学としての稔りがあるかもしれない。治療としては、この場合もセロトニン系の調整を眼目とする薬剤を用いてよい。自殺には充分注意し、面接の感覚を1週間程度に短めに設定する。場合によってはさらに短くし、家族と連携し、必要に応じて入院治療も考慮する。認知療法を考える場合、治療で働きかけているのは「自動機械」に対してなのか「世界モデル」に対してなのか、治療者が意識するといいかもしれない。
Ⅲ統合失調症のリハビリについて
 統合失調症のリハビリは、残遺期の陰性症状に対して行うことが多い。その場合に治療者の恐れることは再発・再燃と自殺である。そこで薬剤はなるべく維持しようとする傾向がある。ドパミン遮断薬を維持すると、ドパミンレセプターのアップレギュレーションが起こる。つまり、薬剤で蓋をしているけれども、実際のレセプター量は増えてしまい、潜在的な過敏さを作り出す。デイケアなどの場面においては、刺激はコントロールされていても、少しずつドパミンを放出するので、潜在的な過敏さが形成されている人の場合、服薬を怠ったりすると再発再燃に至る。治療者はそれに対して薬剤を増量することがある。するとまた蓋をされるレセプターが増えて、レセプターのアップレギュレーションが起こり、潜在的な過敏さが増大するという悪循環が形成される。
 この悪循環を回避するには、まず薬剤を少し減らして、かつ、デイケアでの活動量を増やして、ドパミンレセプターのダウンレギュレーションを目標にしなければならない。しかしながら、薬剤を減量することも、活動量を増やすことも、再発再燃につながるので、慎重かつ細心のプログラムが必要であり、容易ではない。


共通テーマ:日記・雑感

アサーション

アサーションを日本語に訳すと「主張」です。
でも、「主張」と言っても、自分の意見や要望を無理やり押し通すとか、
相手が同意するまで説得するとか、自分の言いたいことだけを言って
相手を自分の思い通りに動かそうとすることではありません。
そんなふうに、自分勝手で攻撃的なものでも、策略的なものでもないのです。

相手がどんな返事をするかは、相手が考えて決めることで、相手の領域。
相手の返事を自分の思い通りに強要するなんてできません。

自分にできることは、自分の言いたいことを相手に伝えるということだけ。

つまり、「アサーション」というのは、
自分の感じていることや気持ち、考えていることなどを、
自分も相手も共に大切にする関係の中で、誠実に率直に伝えていくこと。

アサーティブになるということは、人に対して率直な対応をし、
そのことで対等な人間関係を築いていくことなんです。

アサーティブには、大切な5つのポイントがあると私たちは考えます。
アサーションというのは、言葉の選び方とか、言い方だけではないんですね。

1.自分の正直な気持ちに気づく
 「こうあるべき」とか「こうしなければならない」
 というところで修正したものを、自分の気持ちと思っていることが多いもの。
 頭で考え、修正する前の自分の気持ちを まず、感じ取りましょう。

2.自分の正直な気持ちを大切にし、ごまかしたり否定したりしない
 「自分の正直な気持ち」を修正しないことは、その気持ちに誠実であるということ。
 そしてそれは、自分を偽らないで相手に接するということで、
 相手に対して誠実に接することにもつながります。

3.自分も相手も対等な関係であることをしっかりおさえておく
 相手と向き合うときには、自分も相手も尊重します。
 つまり、相手を見下したり、自分を卑下したりしないで対等に接します。

4.伝えたいことを屈折させずに表現する
 人に自分の気持ちや要求を伝えるときには、どなったり、弁解したり、
 遠回しに言ったりしないで、率直に表現することが大切です。

5.表現したことについて、自分を責めたり不愉快になったりしない
 自分の気持ちや要求を表現した結果、自分が望んでいない反応を
 相手が返す場合もあり得ます。
 でも、相手がどう受け取りどう反応するかは、相手の領域。
 その反応によって、表現をした自分を責めたり
 不愉快になったりしないことは大切なことです。

「言いたいことが言えない」「断りたいのに断れない」
「引き受ければ自分が大変になるのはわかっているのに、
引き受けてしまって、相手を恨んだり、自分を情けなく思ったりする」
「いつもにこやかに振る舞っている自分がとてもいやになってしまう」など、
人との関係がうまくいかないことで人間関係に疲れてしまうことはありませんか。

今まで私たちは、それを自分の性格のせいにしたり、
人間関係にはよくあることだと納得させたりしてきました。

でも、実は、よりよい人間関係を築くためのコミュニケーションの方法を
学んでこなかったのではないでしょうか。

私たちが小さい頃から身につけてきたのは、いつも相手の気持ちばかりを
優先させてしまう自己犠牲的なコミュニケーションの方法だったり、
逆に相手に自分を押しつけるような方法でした。
そのため、人との関係がうまくいかなくなってしまっていたのです。

「自分の感じ方や考え方を大切にしていいこと」「感じ方、考え方は人と違っていていいこと」
「自分の中の『いやだ』という気持ちを伝えても、つながっていける関係があること」
などに気づくことで、人との関係のあり方が変わっていきます。

そして、それ以上に大きな変化は、自分自身のあり方かもしれません。
自分の人生を自分で選び取っていっているという感覚や、
背伸びをしたり無理をしないで、等身大の自分でいてもだいじょうぶという感覚が、
自分の中に少しずつ広がっていくこと。

つまり、私自身の中の力に気づいていくことができる、それがアサーションの
一番の魅力なのではないかと思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~with3/assert/assert.htm


共通テーマ:日記・雑感

春夏冬升弐大阪城

春夏冬升弐大阪城--、アキナイ・マスマス・ダイハンジョウと読みます。

 春夏秋冬から秋を抜いてアキナイ、
升弐は升が二つでマスマス。
最近で言えば“マス(×2)”といったところ。
“二升”や“升々”も同様の意味。
大阪城は音読みで。
また、“五合”という表現を使っている場合、
五合は一升(いっしょう)の半分なので半升(はんしょう→はんじょう)という洒落。

*****
というような記事を読んだ。
携帯で暗号みたいな言葉遊びをしている人たちも
同じ線上にあるようだ。

*****
「愛」と「恋」の違いは、下心があるのが恋で、下心がないのが愛。

という記事もあり。
全然そうは思わないが。

愛の下にあるのは何か、分からない。

*****
最近の若い人のことばは
むかつくとか
きもい
とかあるようで、
とても心療内科的な言葉遣いである。
不愉快とはいわず、
不愉快なときの自律神経反応である「むかつき」を表現する。

バカだと
対象自体の性質を記述するのではなく、
わたしは不愉快だと
受け手の反応を語り、
しかも感情ではなく、身体反応を記述している。

このように事態を身体言語化して表現するとき、
退行が始まっている。

対象についての客観的な記述ならば、
他人にフラットに伝えられるが、
「むかつく」といった感じの身体言語で伝えられた場合、
聞いた側が同意しなければ、発話者自体を否定することになり、
なかなか対応が難しい。
否定はほぼ不可能な状態になる。
検証不可能である。

このあたりも現代的な不自由さなのだろう。



共通テーマ:日記・雑感

第3次アーミテージ・ナイレポート “The U.S-Japan Alliance ANCHORING STABILITY IN ASIA”が公表される。 (コラム033 2012/08/28)  ロンドンオリンピックの興奮冷めやらぬ8月15日、米国のアーミテージ元国務副長官及びジョセフ・ナイ元国務次官補(現ハーバード大学教授)を中心とした超党派の外交・安全保障研究グループが、日米同盟に関する報告書 “The U.S-Japan Alliance ANCHORING STABILITY IN ASIA

第3次アーミテージ・ナイレポート
 “The U.S-Japan Alliance ANCHORING STABILITY IN ASIA”が公表される。

(コラム033 2012/08/28)

 ロンドンオリンピックの興奮冷めやらぬ8月15日、米国のアーミテージ元国務副長官及びジョセフ・ナイ元国務次官補(現ハーバード大学教授)を中心とした超党派の外交・安全保障研究グループが、日米同盟に関する報告書 “The U.S-Japan Alliance ANCHORING STABILITY IN ASIA”(日米同盟-アジアの安定を繋ぎ止める-)1を公表した。

 本報告書は、2000年10月2、2007年2月3に公表されたものに続く3番目のものであり、アジア太平洋地域に顕在する様々な問題を踏まえ、今後の米国、日本、そして日米同盟の在り方について、グループの分析評価結果を具体的な政策提言の形で明示したものである。

1 本報告書の概要

 本報告書は、グループの研究結果について、アーミテージ氏とナイ氏の共著の形で記述されている。

 序章では、総論として、かつて第1次報告書で読者の耳目をさらった「同盟の漂流」というキーワードを再び用い、中国の隆盛と不透明性、北朝鮮の核や敵対的活動、アジアのダイナミズムの兆候等、今目前にある情勢を踏まえつつ、世界で最も重要な同盟関係である「日米同盟」が瀕死の状態にあるとし、力強くかつ対等な同盟の復活が要求されているとした。

 特に、日本が今後世界の中で「一流国」(tier-one nation)であり続けたいのか、あるいは「二流国」(tier-two nation)に甘んじることを許容するのか、国際社会での日本の在り方にかかる真意を単刀直入に問いただす、極めて強い表現を用いている。ただし、米国としては、日本の現状、すなわち少子高齢化、財政状況、不安定な政治、若者のメンタリティー(悲壮感と内向性)等の「現実」は適切に認識した上で、それでも日本は今後とも「一流国」として国際社会で一定の役割を果たすべきであるとの見解を明示している。

 また、日本の「信頼性」についても言及されており、特に自衛隊は日本で最も信頼に足る組織であるとの評価を明言する一方、「時代遅れの抑制」を解消することで、アジア太平洋地域における海洋安全保障上の戦略的均衡の要になり得るとの評価をしている。

 次に、日米同盟の在り方に関する各論的記述として、「エネルギー安全保障」、「経済と貿易」、「近隣諸国との関係」それぞれについて、どのような取り組みが同盟堅持に寄与するものであるか、原子力政策や天然資源に関する新たな同盟の締結、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)並びに経済・エネルギー・安全保障包括的協定(CEESA:Comprehensive Economic, Energy, and Security Agreement)締結への努力等、個別具体的な政策を提示している。

 特に、「近隣諸国との関係」では、韓国及び中国との関係に着目し、はじめに日米韓3か国の強固な関係構築の必要性から、日韓に顕在するいわゆる「歴史問題」の解決に向けた努力を促すとともに、判断を下す立場にないとエクスキューズしつつも、当該問題の解決(和解)に向け、米国があらゆる外交努力を払うべきであると訴えている。また、北朝鮮の脅威へ対抗するため、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)及び物品役務相互提供協定(ACSA)締結交渉の加速化をも促している。一方、昨今の中国の再興に対しては、強固な日米同盟こそが必須であり、「関与」と「対処」をもって対処すべきとしている。

 さらに、本年4月30日に公表された「日米共同宣言:未来に向けた共通のビジョン」をとりあげ、世界に顕在する人権問題と日米同盟との関係について、特に日本と北朝鮮との間の問題をも踏まえながら、日米の緊密な連携の必要性を訴えている。

 次に、新しい安全保障戦略に向けた様々な取り組みについて提案がなされている。  例えば、日本はARFやAPECといった地域フォーラムにおいてそれらの民主主義パートナーとの連携を深め、中国海軍の増強と行動範囲の拡大すなわち「接近阻止・領域拒否」(A2AD)戦略には、日米の「エア・シーバトル構想」及び「動的防衛力」をもって対峙する必要性を説いている。

 さらに、よりオペレーショナルな範疇に踏み込み、ホルムズ海峡におけるイランの動向に鑑み、封鎖の意図(兆候)が明らかとなった際には、日本は単独で海上自衛隊の掃海艇を派遣し、当該海峡の通航の安全を確保することや、南シナ海の平和と安定を維持するため、日米共同で監視活動を実施すること等を訴えている。

 その他、インターオペラビリティーのさらなる向上や共同技術開発の推進、同盟に欠かせない信頼関係の構築に資する「拡大抑止」にかかる認識の統一、そして先に出された2つの報告書に示された「武器輸出三原則」緩和及び「集団的自衛権」容認の必要性等について言及している。

 一方で、国連平和維持活動への参加については、日本に対し過去の2つの報告書では「種々の制約の撤廃」と記述していたが、本報告書では更に細部に踏み込み、派遣された部隊の法的権限の拡大(文民のみならず、他国のPKO要員、要すれば部隊の防護を可能とする権限付与)について言及している

 最後に、「結言」として、冒頭に述べられた「同盟の漂流」について言えば、昨年発生した東日本大震災における「トモダチ作戦」が、それまでの3年間で生じた特異な政治的不調和を早急に改善し、それによって「漂流」は終焉を迎えつつあるとの認識を示している。そして、第2次報告書と同様に提言事項(全27件)を列挙し、全32ページに及ぶ一連の報告を終えている。

2 提言事項(全27件)4

 本報告書の巻末に列挙された提言事項は以下のとおりである。

・ 日本への提言(9項目)

(1)原子力発電の慎重な再開が日本にとって正しくかつ責任ある第一歩である。原発の再稼動は、温室効果ガスを2020年までに25%削減するという日本の国際公約5を実現する唯一の策であり、円高傾向の最中での燃料費高騰によって、エネルギーに依存している企業の国外流出を防ぐ懸命な方策でもある。福島の教訓をもとに、東京は安全な原子炉の設計や健全な規制を促進する上でリーダー的役割を果たすべきである。

(2)日本は、海賊対処、ペルシャ湾の船舶交通の保護、シーレーンの保護、さらにイランの核開発プログラムのような地域の平和への脅威に対する多国間での努力に、積極的かつ継続的に関与すべきである。

(3)環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に加え、経済・エネルギー・安全保障包括的協定(CEESA)など、より野心的かつ包括的な(枠組み)交渉への参加も考慮すべきである。

(4)日本は、韓国との関係を複雑にしている「歴史問題」を直視すべきである。日本は長期的戦略見通しに基づき、韓国との繋がりについて考察し、不当な政治声明を出さないようにするべきである。また、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や物品役務相互提供協定(ACSA)の締結に向けた協議を継続し、日米韓3か国の軍事的関与を継続すべきである。

(5)日本は、インド、オーストラリア、フィリピンや台湾等の民主主義のパートナーとともに、地域フォーラムへの関与を継続すべきである。

(6)新しい役割と任務に鑑み、日本は自国の防衛と、米国と共同で行う地域の防衛を含め、自身に課せられた責任に対する範囲を拡大すべきである。同盟には、より強固で、均等に配分された、相互運用性のある情報・監視・偵察(ISR)能力と活動が、日本の領域を超えて必要となる。平時(peacetime)、緊張(tension)、危機(crisis)、戦時(war)といった安全保障上の段階を通じて、米軍と自衛隊の全面的な協力を認めることは、日本の責任ある権限の一部である。

(7)イランがホルムズ海峡を封鎖する意図もしくは兆候を最初に言葉で示した際には、日本は単独で掃海艇を同海峡に派遣すべきである。また、日本は「航行の自由」を確立するため、米国との共同による南シナ海における監視活動にあたるべきである。

(8)日本は、日米2国間の、あるいは日本が保有する国家機密の保全にかかる、防衛省の法律に基づく能力の向上を図るべきである。

(9)国連平和維持活動(PKO)へのさらなる参加のため、日本は自国PKO要員が、文民の他、他国のPKO要員、さらに要すれば部隊を防護することができるよう、法的権限の範囲を拡大すべきである。

・ 日米同盟への提言(11項目)

(1)福島の教訓から、日米の原子力研究及び開発協力の再活性化を図るとともに、安全な原子炉の設計と地球規模での健全な規則の実施を図るべきである。

(2)米国と日本は、天然資源にかかる同盟を結ぶべきである。また、メタンハイドレートや代替エネルギー技術の開発にかかる協力を促進すべきである。

(3)米国、日本及び韓国は、「歴史問題」にかかる非公式の協議を促進し、その繊細な問題にどのようにアプローチすべきかコンセンサスを得るとともに、それぞれの政府のリーダーに示唆と提言を与えるべきである。この努力は、困難な問題における交流のための「最適な」規範と原則を追求していくものであるべきである。

(4)日米同盟は、中国の再興への対応するための能力とポリシーを構築しなければならない。日米同盟は、平和的で繁栄を謳歌している中国からは得るものは多いが、高い経済成長と政治的安定の継続は不確実である。同盟のポリシーと能力は、中国の核心的利益の拡大の可能性や、軌道変更、そして予測し得る幅広い範囲の未来に対し適応できるものであるべきである。

(5)人権に関する具体的なアクションアジェンダの構築は、賞賛に値するゴールであり、特にビルマ(ミャンマー)、カンボジア、そしてベトナムなどは、共同による関与により、国際人道法と市民社会を促進させることができる。さらに、北朝鮮との関係に関しては、韓国との同盟をもって、食糧安全保障、災害救難及び公衆衛生、加えて非核化と拉致問題の解決等を含む人権問題の全ての範囲の問題に取り組むべきである。

(6)米国と日本は、これまで高官レベルの関心が十分ではなかった、役割、任務、能力に関する協議を通じて、(米国の)「エア・シーバトル構想」と(日本の)「動的防衛力」などといったコンセプトの連携を行うべきである。新しい役割と任務の見直しは、軍事、政治、そして経済にかかる国力をすべて包含する協力と同様に、より幅広い範囲の地理的視点をも含むべきである。

(7)米陸軍及び海兵隊と陸上自衛隊との協力は、相互運用性の向上と、水陸両用で機敏かつ展開容易な部隊への進化を、発展させるものであるべきである。

(8)米国と日本は、民間空港の活用、「トモダチ作戦」の教訓検証、そして水陸両用作戦能力の向上により、共同訓練の質的向上を図るべきである。また、米国と日本は、二国間あるいは他の同盟国とともに、グアム、北マリアナ諸島及びオーストラリア等での全面的な訓練機会の作為を追及すべきである。

(9)米国と日本は、将来兵器の共同開発の機会を増やすべきである。短期的には共通の利益や作戦上の要求に沿った特別の計画について考慮すべきである。一方で日米同盟は共同開発にかかる長期的な運用要求を共有すべきである。

(10)米国と日本は、同盟における米国の拡大抑止にかかる信頼と能力についての信頼を構築できるよう、拡大抑止に関する対話(おそらく韓国と共同による)を再び活気づかせるべきである。

(11)米国と日本は、共通の情報保証基準にかかる研究開発に資する「ジョイント・サイバー・セキュリティー・センター」を設立すべきである。

・ 米国への提言(7項目)

(1)米国は、「資源ナショナリズム」を訴えるべきではなく、またLNGの輸出における民間部門の計画を抑制すべきではない。危機(crisis)の時代において、米国は同盟国に継続的かつ安定的な供給量を提供するべきである。議会は法律を改正し、日本へのLNG供給を容易にするべきである。

(2)米国は、TPP交渉におけるリーダーシップを発揮し、交渉の過程と協定草案の内容について明らかにすべきである。日本のTPP参加は米国の戦略目標としてとらえるべきである。

(3)米国は、日本と韓国の間にある微妙な「歴史問題」について見解を示すべきではない。米国は、緊張を静めるためにあらゆる外交的努力を払い、2つの国家の核心的な安全保障上の利益に再び注目するべきである。

(4)在日米軍は、日本の防衛に関し特別の責任を持つべきである。米国は在日米軍の任務に関し、より大きな責任と使命感を割り当てる必要がある。

(5)米国は、「武器輸出三原則」の緩和を好機ととらえ、日本の防衛産業に対し、米国のみならずオーストラリアなど他の同盟国に対しても、技術の輸出を行うように働きかけるべきである。米国は、時代にそぐわない障害と化している有償軍事援助調達(FMS)手続きを見直さなければならない。

(6)米国は、将来の共同技術研究開発にかかる協力の促進に向け、また、兵器売買に関わる官僚組織の仕事を合理化し、タイムリーかつ戦略的に一貫した意思決定が成し得るようにするため、「科学技術フォーラム」と政策中心の「安全保障協議委員会」の組織を統合し、活性化させるべきである。

(7)米国は、大統領による政治任用の人材を選出し、その者に日米同盟深化の責任を持たせるべきである。日本についても同様の任用について考慮することを望んでいる可能性がある。

3 所見

 本報告書は、少子高齢化や景気の後退等、国力の衰退を示す様々な兆候が見て取れることを踏まえつつも、前回の報告書とほぼ同様の文脈で、総じて日本への大いなる期待感を明示している。ただし、その狙いは米国にとって望ましい秩序を持ったアジア太平洋地域の創生であり、隆盛著しい中国への「関与」と「対処」という戦略2本柱を支える財として、日米同盟は存続しなければならない。両氏は、本提言を、まさにそれを担保するための「日本の再生」に資するカンフル剤としてとらえて欲しいのかもしれない。

 前報告書との相違に関し、特に韓国との関係において「歴史問題」の解決に言及している点で、韓国大統領の竹島上陸を発端とした昨今の緊張状態に鑑み、日韓関係が注目を引く中で出された極めてタイムリーな報告書として、そのバリューを向上させる一要素であると評価できるとともに、米国が日韓の「歴史問題」に関し、一定の関与を明言していることにも注目すべきである。

 巻末に列挙された政策提言に関しては、第2次報告書では、日本、日米同盟の他に、地域政策、地球規模の政策等、広範な内容の記述が見られたが、今回は日本、日米同盟そして米国という主たるアクターに限定し、より具体的な項目を挙げ、短・中・長期それぞれのスパンで何を努力目標とすべきか、それぞれに対し「直球」を投じている。

 2000年に発表された第1次報告書は、翌月に大統領選挙を控えており、かつ研究グループのメンバーが新政権のスタッフに登用されたこともあって、新大統領の対日政策にかかる方向性を示唆するものととらえられた。今回は、野党である共和党の正副大統領候補が選出され、今まさにこれから11月の投票に向けた論戦が開始されるタイミングでの発表となったことで、いずれ本報告書が、第1次と同様のとらえ方をされることも想定しておくべきである。

共通テーマ:日記・雑感

まずは公益通報者を守るべき ーー「公益通報者を守る」という点を特に重視したのはなぜか。 法案では、報道の自由は守る、正当な取材なら罪に問わない、という文言があります。しかし、取材で最も大事なのは、情報を提供してくれる人。まずはそこを守るべきだと思います。インターネットが普及している今は、メディアが取り上げてくれない内部告発を自分自身で公表する、という人もいるでしょう。まずは公益通報者を守らなければ。努力義務として報道の自由を書き込むなら、公益通報者を守るということも、少なくとも同じように入れるべきです

まずは公益通報者を守るべき

ーー「公益通報者を守る」という点を特に重視したのはなぜか。

特定秘密保護法法案では、報道の自由は守る、正当な取材なら罪に問わない、という文言があります。しかし、取材で最も大事なのは、情報を提供してくれる人。まずはそこを守るべきだと思います。インターネットが普及している今は、メディアが取り上げてくれない内部告発を自分自身で公表する、という人もいるでしょう。まずは公益通報者を守らなければ。努力義務として報道の自由を書き込むなら、公益通報者を守るということも、少なくとも同じように入れるべきです。

ーーー
(とにかく一番伝えたかったんだというのは何ですか?)


電力のモンスターシステムですね
我々が払ってる電気料金の中に非常に大きな無駄があって
本来競争的にやれば払う必要のないようなものが支払われていて
それを“溜り金”のように集めて


<電力のモンスターシステム>
・電力会社が取引先業者に相場の2割増で発注
・1割5分は取引先の取り分
・残りの5分は電力会社と業界団体へ預託
・預託金は政治献金、パーティー券購入、マスメディア対策
・発注額は年間約2兆円
・業界団体の預託金は800億円
・コストとして電気料金に転嫁

ーーー
何が正義かというのは
国民が決めるべきだ
国民の皆さんにはきちんとしたことをお伝えしないで
裏でこそこそ再稼働しようとしていると
これずるいんじゃないかと
卑怯なんじゃないかと

ーーー




共通テーマ:日記・雑感

いじめをされた側はいつまでも覚えている 多分一生忘れない いじめをした側はすぐに忘れている 多分一生に一度も思い出さない そもそもいじめとは認識せず 楽しく遊んでいたのだと言いはる 学校の先生になるような人は学校が好きだったのではないだろうか みんな仲良くできるはず 話しあえば分かるはず などと考えているのではないか思う

いじめをされた側はいつまでも覚えている
多分一生忘れない
いじめをした側はすぐに忘れている
多分一生に一度も思い出さない

そもそもいじめとは認識せず
楽しく遊んでいたのだと言いはる

学校の先生になるような人は学校が好きだったのではないだろうか
みんな仲良くできるはず
話しあえば分かるはず
などと考えているのではないか思う

ーーー
“オランダ人に「オランダの学校でもいじめってあるんですか?」と聞いたら
「いじめってなんですか」って言われた。
「なぐったり…」「それは犯罪です。」
「ものをとったり隠したり…」「それは犯罪です。」
「集団で圧力を…」「不当ならば犯罪です。」
そうだよねごめんジャパンが悪かった。”

共通テーマ:日記・雑感

うつ病、精神療法で治す 「認知行動療法」、思考や行動をプラスに修正

うつ病、精神療法で治す 「認知行動療法」、思考や行動をプラスに修正

抑うつ症状や不安感に苦しむ人の心を軽くする「認知行動療法」という精神療法が注目されている。考え方の癖を直し、症状につながる行動の仕方を変える治療法で、薬と同じぐらいの効果があるという。併用するとより高い効果を示すデータが多い。病気の再発率も低いとされ、国も治療者の人材育成を始める。

面接数十分、10~20回

 大手企業に勤める30代男性は、ある日突然、会社に行けなくなった。常に連絡を取りたがり、即時対応を求める上司と、何を言っても反対する部下との板挟みで働くうちに抑うつ状態になり、抗うつ薬を飲み始めた。2年たっても治らず原田メンタルクリニック(東京都)を訪れた。
 原田誠一院長は、薬物療法と同時に、認知行動療法を試みた。男性は治療を始めた当初、「同僚の期待に沿えない駄目な人間だ」と自分を責めることが多く、「今後も職務は全うできないだろう」と悲観的な見方をしていた。
 治療では、「上司や部下の態度は社会人として適切か」「本当にもう職場でやっていけないのか」などを検討した。治療を重ねるうちに、「上司らの態度は一般社会では敬遠される」「常識的な考えの同僚を味方にすれば、違う対応ができるかもしれない」と考えられるようになり、数カ月後には復職した。
 同クリニックでは1日約50人の患者を診ており、うち約4割が、院長や臨床心理士による認知行動療法を受ける。うつ病や不安障害、統合失調症の患者が多く、「本人の希望とやる気を見て、治療の対象を決める」と原田院長。
 ある出来事に対する人間の反応は、「気持ち」「体」「考え(認知)」「行動」の四つに出る。認知行動療法は、ある程度、頭でコントロールできる「認知」や「行動」を修正し、気持ちや体への影響をプラスに変えることを目指している。
 治療では「何が出来るようになりたいか」目標を決め、目標を達成するための技術を学ぶ。例えば「~すべきだ」という強いプレッシャーや「白か黒か」という極端な考え方を見直す「思いこみ修正法」、ゆっくり深く呼吸し、不安感を軽減する「リラックス法」などがある。
 日常生活でも行動記録をつけるなど「宿題」の実践が必要で、患者も積極的に治療に参加することが求められる。数十分の面接を10~20回程度実施するのが一般的だ。
 名古屋市立大病院では、社会不安障害とパニック障害の患者を対象に、3人1組で治療を行う集団認知行動療法を実施している。治療は1回2時間で週1回、10~16回ほど続ける。これまでに計約300人が治療を受け、社会不安障害では約6割、パニック障害では約8割が改善した。
 精神科の古川壽亮教授は、集団療法の長所として、他人の症状を聞くことで学べる、ロールプレーなどを通じて仲間の評価を聞ける、などを挙げる。一方で、個人の細かい症状まで踏み込めないことがある点を短所に挙げる。

厚労省、治療院育成へ

 認知行動療法はうつ病のほか、不安障害(社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など)、統合失調症などの患者に効果があることが、欧米の研究で実証されている。
 うつ病の場合、認知行動療法と薬物療法はほぼ同じ効果があり、認知行動療法の第一人者とされる大野裕・慶応義塾大保健管理センター教授によると、複数の研究で、併用するとさらに効果が高まる結果が出ている=グラフ。
 さらに、認知行動療法は症状を改善させるための技術をいったん身につけるため再発率が低く、薬のような副作用もない。英国では軽いうつ病の場合、薬は処方せず、認知行動療法が推奨されている。
 だがある大学教授は「日本で認知行動療法を専門的に行える精神科医や臨床心理士は数百人もいない」と指摘する。公的医療保険で認められていないことが、治療法が広がらない最大の原因だ。
 医師の場合、30分以上精神療法を行っても、診療報酬は3600円(患者負担はこの3割)。集団での療法も患者1人当たり2700円(同)で、採算に合わないと二の足を踏む例が多い。また、国家資格ではない臨床心理士が行う療法は、患者が全額負担する自由診療となる。
 洗足ストレスコーピング・サポートオフィス(東京都)では、16人の臨床心理士が週60人に認知行動療法を提供。医療機関に長期間通っても治らない人が多く、ほとんどが医師の紹介だ。面接は1回50分1万円で半年待ちという。
 所長で臨床心理士の伊藤絵美さんは「国家資格にして医療行為として認めないと、この療法を必要とする患者に届かない」と訴える。
 原田メンタルクリニックでは混合診療を避けるため、約20分間の療法を臨床心理士が無料で提供している。
 慶応大の大野教授は、認知行動療法に診療報酬をつけるよう、学会を通じて求めている。日本における有効性を示すため、厚生労働省の科学研究費で研究を続けており、標準的な治療法のマニュアル作りも手がけている。
 厚労省も来年度から、国立精神・神経センターで認知行動療法が行える専門家の育成を始める。大野教授は「認知行動を受けたいと思ってインターネットで検索しても、治療者の技術は玉石混交。系統的に療法を学べる場が必要だ」と指摘する。

 ■自分で学べる認知行動療法の本
 ・もういちど自分らしさに出会うための10日間(星和書店、2625円)
 ・自信をもてないあなたへ――自分でできる認知行動療法(阪急コミュニケーションズ、1890円)
 ・こころが晴れるノート――うつと不安の認知療法自習帳(創元社、1260円)



共通テーマ:日記・雑感

「ぼくの翻訳人生」工藤幸雄 Eric Clapton CHANGE THE WORLD

この年末から正月は
鼻水
波状の熱発と悪寒
胸焼け・吐き気
全身消耗
関節痛
発汗
末梢の異常感覚(これだけはすこし変な症状)
ただし下痢はなし
と、まるで、
踏まれたり蹴られたり水に落とされたり溺れたり殴られたり髪を引っ張られたりと形容していい状態であった。
(「踏んだり蹴ったり」とはおかしな表現ですね。そう思い使えなかった。)
まあ、初めてのことでもなく、こんなことも数年に一度はあるのだから、特に驚きもしない。
仕事が始まればすぐに治るのだと分かってはいる。
仕事が始まらないとぐずぐずと風邪をひきなおしている感じなのだろう。
そんな状態で食事も喉を通らず睡眠はとぎれとぎれで
汗をかくたびに着替えをして水分を補給し
そんな有様でやっと過ごしていたが
その間、本を読みつつ、ラジオを聴きつつ、何とか時間を過ごしていた。
ラジオからはイーグルスだったか、昔の歌が流れて、
ある状況が強烈に再生された。音楽の記憶喚起力を感じた。
またラジオで、 Eric Clapton の CHANGE THE WORLD を聴いた。翻訳を作ってみたことがある。

この手が星に届いたら
ひとつだけ てのひらにつつんで
あなたにあげる

わたしのこころをてらしてみて
なにが見えるか おしえて

満ちているもののすべてを
愛と呼んでもいいの?

もしかしたらただの夢かもって
醒めてしまうのが怖くて

世界が終わるとき
わたしあなたのひだまりでいたい

そのあたたかみに あなたはまどろんでくれるかな
愛しい人 もしも世界が終わる日に

一日でもいいの
望みが叶うなら
あなたと一緒に暮らすの
ほかは何もいらない
わたしたちには愛しかなくて
そんな二人の世界になるの

ばかって言ってね
そんな日を夢見たりしてね

世界が終わる日に
わたしあなたと一緒にいたい
寄り添うぬくもりに身をゆだねてくれたら
ね、もしも世界が終わる日に
もしも世界が終わる日に

世界が終わる日に
わたしあなたを包み込みたい
あなたの重荷を溶かすことができたなら
愛しい人 もしも世界が終わる日に
もしも世界が終わる日に
もしも世界が終わるなら 

そして当時の情景が生々しい感情と共に蘇る。
病気で全身が衰弱していて、精神が防衛的態勢を作れていないのだろう。

そんな中で「ぼくの翻訳人生」工藤幸雄を読んだ。
昔話である。昔はこんなこともあったのかと思う。

海外から帰国して共同通信社に復帰しようか、すまいかと著者が悩んでいた時、井上光晴が一喝した。「宮仕えはするな。おれたちは、死に向かって突進しているんだ」。冷厳な真実に裏打ちされたこの説得力のある言葉に励まされて、著者は復帰を諦めた。

「宮仕えはするな。おれたちは、死に向かって突進しているんだ」
それはわかっている。
でも、そうしないでいて、もっと惨めになったらどうするのか。
最低保障ラインは確保しておくのがいいのではないか。
そう思う。さらに、
そんなことを言っても、一度だけの人生だ、賭をするチャンスがあるなら賭けてみた方がいい。賭をするチャンスもなく過ごす人が大半なのだから。

私は個人的には、破滅と大成功と半々の賭けに身をゆだねてみたい。
どうせ手に入るに決まっているぬるい幸せなどいらない。
いままで誰も経験したことのないような人生を送りたい。
そのようにさえ思う。

まあ、実際は、破滅というわけでもないけれど。

普段の生活で、たとえば車の費用を経費で処理できるかとか、そんな程度の違いだな。

「ぼくの翻訳人生」で書かれていることのひとつの柱は、
「日本語に熟達せよ」とのメッセージである。
世間では英語教育とか言っているが、
日本語をきちんと使えない日本人を作ってどうするのか、と語る。
これに私は大いに賛成。

また主張のもうひとつの柱は、言葉に精通するには人生はあまりに短い、
終わりがない、分からないことばかりだというもので、
それもまたその通りである。
知的誠実さがある限り、そのように思わざるを得ない。

共通テーマ:日記・雑感

浮気調査とうつともうひとつの障害

浮気調査の会社があって、いろいろとアドバイスがあります。

何かと理由をつけて帰宅が遅くなる。
休日なのに急な仕事で外出する事が多くなった。
せっかくの休みもなかなか会ってくれない。
自宅での食事が少なくなった。
ファッションや香水などに気を使うようになった。
趣味や食事の好みが変わってきた。
メールのやり取りが多く内容を隠すようになった。
携帯の料金が以前より高くなった。
お風呂の回数が変わった。
会話が少なくなってきた。

こういったことがあったら、浮気に注意しましょうといわれています。
逆に、こんなことをしていたら、浮気を疑われる可能性があるということです。
でも、これって、半分くらいはうつの項目ですよ。

仕事がたまってしまうので、残業休日出勤が増える、食欲も減少する、
会話が少なくなり、頭が回転しないので、電話も長くくどくなり、電話料金も上がる。
趣味や食事の好みも、うつにあわせて、変わる。
メールの内容を隠すのは、自信がないから。確認したくなって何度もメールを送る。
うつになると強迫性が強くなって、手洗いを繰り返したり、風呂に繰り返し入ったりします。

ですから、パートナーが浮気しているのかなと思う一方で、
パートナーはうつじゃないかなと一度は考えてください。

盗聴器をつける人もいます。

年間で数十万個の盗聴器が販売されています。また、CCDカメラも容易に購入できます。
どちらもつけるのは簡単ですが、発見はなかなか素人では難しいもの。
貴方のまわりで自分の情報が漏れていると感じたことはありませんか?
『昨日電話で友人と話していた内容を彼が知っていた』このような事例は実際よくあります。
結局彼氏が盗聴器をつけ、24時間彼女を監視していたことが判明。
時代はもはや、「自分の身は自分で守る」という形へと変化してきています。
あなたにできることは「確認してみる」ということ。
不安のない日々を送るためにも、お早めにご連絡ください!

で、連絡すれば、盗聴器などを見つけ出してくれるそうです。
パソコン、携帯、電話、部屋の会話、これらは全部筒抜けだと思ったほうがいいです。
むしろ、汚い字のメモのほうが、判別不能で、便利かもしれません。

浮気するならまず離婚した方がいいです。
それじゃ、浮気とは言えない?
結婚を継続したままで浮気をしたいなら、
どんな結末がありうるか、よく考えて、その上で行動してください。
最悪、離婚と慰謝料です。
それでいいなら、何も怖いものはありません。

たとえばの話、
離婚が成立していなくても、
「婚姻が破綻していて、離婚の意志がある」と明示しただけで、
あとの恋愛は自由です。
たとえば、内容証明郵便でもいいし、
離婚調停申し立て手続きでもかまいません。
医者に相談して、公的な記録が残っていれば、
あとで証明することもできます。
破綻主義ですから、破綻していることを日付つきで明示すればいいのです。
破綻したから恋愛したのであって、
恋愛が婚姻を破綻させたのではないと
明確に証明すればよいのです。

でも今の時代、盗聴器をつけなくても、電話会社で教えてくれる、
通話相手番号と時間の記録だけで、大抵のことが分かります。
盗聴器をつけるまでもないでしょう。
携帯には盗聴器をつけられないし、
会社の電話につけるには、内通者がいないと無理、それに、
別な方法もいろいろありますから。

また別の会社で。

・ふと気付くと会話が減ったり、一緒に出掛けなくなったりしていませんか
・帰宅時間が変わった。
・車の中にいつもと違う銘柄のタバコがあった。
・夜中に携帯電話で話しをしている。
・助手席のシートの位置が違う。
・ガソリンの減り方が異常。
・クレジットカードの請求が増えた。
・夫婦関係を拒むようになった。

やはり半分以上はうつで説明できます。
うつでセックスができなくなり、自信喪失して、
まずお店で試してみようという人も一定数いるものです。
ポケットにEDのお薬を見つけても、とがめないで下さい。
自信を回復したくて必死なのです。

クレジットカードの請求書は、店の名前まで出ますから、
浮気も分かりますし、むしろ、浮気ではないことが分かったりします。
明らかに三人分だったり。
土台、喫茶店やレストランで料金を払ったとして、
浮気とは全然いえないわけです。

極端に言えば、セックス中の写真を撮影される可能性のある場所でのセックスを回避すること、
これでいいそうです。
日本の法律でいう、「不倫」とはそういうことです。
精神的なことではないのです。
逆に、精神的に全くつながりがなくても、
セックスの現場を撮影されたら、法律的には、アウトです。

いつものように自己診断テスト。
浮気診断項目

1 家に帰る時間がまちまちである。
2 休日出勤が増えた
3 自宅では携帯電話の電源を切っている
4 自宅では携帯電話を手放さない
5 携帯電話にロックをかけている
6 携帯電話の着信音を消している
7 携帯電話を2つ持っている
8 携帯電話にかけるとでないが折り返しかかる
9 携帯電話の請求書が自宅に来ない
10 メモリーにメルアドだけ登録している人がいる
11 発着信履歴を消した形跡がある
12 深夜に電話を持って買い物や散歩に出かける
13 友人・同僚、上司との付き合いを強調する
14 聞いてもないことを自分から話す様になった
15 服やネクタイなどを自分で買ってくる様になった
16 「疲れた」をよく言うようになった
17 車の洗車をまめにしている
18 カーナビの履歴がリセットされている
19 車内のタバコの吸殻をまめに捨てているようだ
20 食べ物の趣味が以前と変わった
21 身だしなみを気にするようになった
22 気に入っている下着ばかりをはいている
23 クレジットカードの請求書、明細書が届かない
24 サラ金などからお金を借りているようだ
25 見知らぬ会社名から請求書が届く
26 帰宅後、すぐに入浴するときがある
27 帰宅後、目を合わせないときがある
28 一日の出来事を聞くと怒り出すときがある
29 疲れを理由にSEXを拒むようになった
30 財布などに避妊具を隠し持っている
31 自分の一日のスケジュールを聞きたがる
32 アクセサリーをつけるようになった・数が増えた
33 手帳に意味深なマークやしるしがついている
34 見たことのないカギを持つようになった
35 自分専用のパソコンを持つようになった
36 パソコンを触られると怒る事がある
37 みえみえの嘘をつくようになった
38 子供に関心がなくなってきた
39 家族での外出が減ってきた
40 何か考え事をしているようなそぶりをする

1コ~10コ 浮気をしている可能性 20% (浮気をしているとは言い切れません。もう少し様子を見ることが賢明です。
11コ~20コ 浮気をしている可能性 40% (浮気に発展するような行動をしている可能性はあります。事前に食い止めるのであれば今のうちに釘をさしておきましょう。
21コ~30コ 浮気をしている可能性 60% (浮気をしているといってもいいでしょう。ただし、推測だけで相手に事実を問いただすには時期早々です。決定的な情報をつかむのが先決です。
31コ~40コ 浮気をしている可能性 80% (かなり深刻な状態です。浮気につながる情報を集め事実の確認をする必要があります。

くどいのでやめますが、やっぱり、うつが関係あるような項目が目立ちます。

携帯とクレジットカードが主な小道具ですね。
携帯履歴とカード履歴でだいたい分かるらしい。
映画「ノエル」で異常に嫉妬深い男性が出てきますが、
その人は、フィアンセについて、上のような項目をチェックして疑いを深めています。

自分が病的に嫉妬深いのはある意味で勝手ですが、
そのことで他人を苦しめているとしたら、社会的な責任を取らなければなりません。

クリニックに来るのは、うつで、浮気の元気もない人。
パートナーに浮気を疑われ、うつになってしまった人。

一方、過剰にパートナーを疑って人に迷惑をかけた人をどうしたらいいか、
クリニックでは本人がいない場所で間接的に相談を受けているのですが、
最近では判例も積みあがっていますので、
裁判所で民事または刑事で罪を償うことになります。

こういったケースの場合、周囲が迷惑をかけている本人に
治療を勧めても無駄ですし、
人格に深く根ざした傾向であり、よい治療法もありませんし、
根本的に社会生活に向きません。
昔なら出家隠棲したところですが、もちろん、孤独な出家です。
他人に迷惑をかけてはいけないこと、
そのくらいは両親が人の親として、責任を持って教育すべきでしょう。

世の中が変われば、ストーカーという犯罪が認定されたりするのですから、
今後はこうした種類の「犯罪」も、認証が進むのではないかと期待しています。
「ごみ収集癖のおじさん」とか「奇声を発するおばさん」とか、子供を虐待する母親とか。
それなりに名前がつけられて認知される方向です。
大体は親がいれば、何とかなります。



共通テーマ:日記・雑感

庶民の抱く高貴な感情 山本周五郎「季節のない街」

堀田善衞「ミシェル 城館の人」を読んでいるのだが、頭が疲れる。
中に、労働する最下層の人々の中に、
最も高貴な哲学者の達成や、最も深遠な宗教的達成と、
同等のものを見るといった意味のことが書かれていた。
最上級のものと最下級のものが、深い目で見れば一致する、
むしろ、思想も古典語も知らない庶民の生活と労働の中に、
自然が用意した最も豊かな実りがあり、人生があるのだと説いている。
例えば、死をいかにして受け入れるかということについて、
古来多くの哲学者や文学者が説いてきたのだけれども、
結局、安らかに死んでゆくのは、学のない庶民である。
平和な篤い信仰のうちに、静かに死を受容している。
それは真に尊い姿である。
みたいなことを言っているらしい。

目を転じて、手元にあった山本周五郎「季節のない街」をめくってみる。
中の短編「枯れた木」を読んで、庶民に中に生きている真実の感情や思想というものが感じられた。
さすがである。

してみれば、堀田善衞の作品なども、山本周五郎の一短編に及ばないとも思えてしまう。
易しく言えることを、モンテーニュは難しく表現し、堀田は難しく解釈し、それを読んで私は疲れた。
疲れを癒してくれたのは山本周五郎であり、ごく短い文章であり、
その中に、モンテーニュのたどり着いたすべても、含まれていると感じるのだ。

共通テーマ:日記・雑感

NHK 7時半の超人 「クローズアップ現代」 国谷裕子

最近は7時に食事をして、歯を磨きながら7時半の番組を見ることが
週に何度かある。「クローズアップ現代」。
してみると、7時半からレギュラーでキャスターを担当している女性は
超人に違いない。国谷裕子。
テーマに沿って30分ですぱっとまとめる。
これはすごい。
次の総理大臣にしたい。
いやぜひなってもらいたい。
そしてまずNHKを改革して欲しい。

それはそうと、今日の7時半は、犯罪被疑者の海外逃亡についてであった。
海外出身労働者が増えると、必然的にこんな問題が起こる。
社会として、どのような選択をするか、決めなければならない。
「だから」そのような人達は要らないのか。
「にもかかわらず」是非必要なのか。
「実は」日本社会として改善点があるのか。
適正な選択が必要である。難しいが、これが政治的課題というものだ。

もうひとつニュースであるが、
拉致事件解決に向けての交渉のこと。
堀田善衞「ミッシェル 城館の人」の中で、
パリやフランス国内での殺戮や疫病についてさんざん繰り返し書かれている。
拉致監禁なども出てくるのであるが、
現代日本で隣国によって拉致監禁事件が起こされるなんて、
私が育つ過程では注意されたこともなかった。
しかしあり得ることで、これもまた被疑者海外逃亡と似て、
日本の刑法では裁ききれない部分である。

もう一言言うとして、
最近は判決が出るたびに、
ニュースで裁判官の顔を写し、名前を提示する。
良い面も悪い面もあると思うが、実際、気の毒である。
第一、他人に「判決」を下し、運命を左右するなんて、
簡単な気持ちでできるものではない。
どんなにかストレスだろうかと心配になる。

共通テーマ:日記・雑感

ショッカーとウルトラマン

少しだけショッカーのことを書いたが、
ついでなのでウルトラマンとの対決のメモを。

当時、ウルトラマンが仮面ライダーに先行して
地位を築いていた。
ウルトラマンは組織を相手にせず、単発の企画で
興行を継続した。それでも対戦相手に窮することはなかった。
いまなら大晦日のK1みたいに、一年に一回くらいがせいぜいだろう。
しかし当時は世相が違った。

実は、東京タワーの補修費の一部が、ウルトラマンおよび悪役怪獣に流れていたらしい。
ウルトラマンは原則として週に一回、東京タワーを壊してしまう。
当時は破壊したものが補修する制度はなく、国と東京都で費用を分担した。
当時の美濃部都知事の名前の入った領収書が大手ゼネコンに残っている。

その領収書の金額を算定してみると、
ウルトラマン発足の当時からすれば、
中盤に向かって、補修費は増大して高止まりしたことが分かっている。

ゼネコンで仕事を割っていた。
週に一度、建て替えが必要といっても、いつも同じものを作るのだから、
だんだん要領が分かってくる。
どうせ来週壊れるものを入念に造るはずもない。
工事はなあなあで進められ、
安全面で問題になりかけたが、それは表面化しないで済んだ。
そのかわり、工事費も、予算のちょうど100%で済ませていた。

東京タワーのすぐ近くで営業している老舗、野田岩のある店員は、
当時、近所の人は、東京タワーは危ないとうわさになっていたが、
地方から来る人は知りようもないので、かわいそうなことだとうわさしあっていたと語る。
東京タワーのエレベーター事故も、ウルトラマン戦の巻き添えとして報告された。

美濃部都政は対策を考えた。
大手ゼネコンよりは一段格下の某工務店が参入を希望していたので、許可し、
工事にあたり、被害の状況を詳細に報告させた。
すると、ウルトラマンと怪獣の仕業ではない、工事の手抜きの現状が明らかになった。

これには大手ゼネコンもあわて、抜きの改善に着手した。
腹立ち紛れに、某工務店の仕事の問題点を詳細に報告し、
自分たちの技術力を誇示したこともあった。
当時、技術力の差は歴然としていたらしい。

当然、ここで工事費は跳ね上がり、高止まりになった。
しかし、依然として、設計作業もいらず、図面も同じものを使えばいいので、
少し金が余った。

ウルトラマンはそこに目をつけ、ゼネコンに金をせびった。
その金のおかげで、ウルトラマンは興行の人気をあまり気にしないで済むようになった。

新規土木事業によって道路や観光拠点を作り、周辺地価を押し上げ、
地元住民を豊かにし、政治家、役人、土木業者、農民のすべてが儲かる仕組みが
中心だった時代に、
ウルトラマンは、「開発が終わってしまった時代に、どのようにして税金を持ってくるか」の
ノウハウを蓄積していった。
これから日本でも盛んになるだろう、「建て替え型」の土木事業である。
アメリカで起こった橋の崩落事件は記憶に新しい。
あれと同じことを、ウルトラマンは実行し、間接的に公共事業費を受け取っていたわけだ。

そんな中で、後発の仮面ライダーは、というより、主にショッカーが、
東京タワー利権に食い込もうと策略した。

仮面ライダーは他人を巻き込まない場所での対戦が多かった。
ライダーキックの都合もあって、切り立った岩壁があったりすれば、よかった。
砂浜で対戦した結果、漁業に支障が出て、休業補償を求められたこともあった。
残念なことに、公共事業費に食い込む余地はないと思われた。

仮面ライダーに、安価に、腕力だけで、東京タワーを壊してもらえないか、
野田岩でうなぎを食べながら検討を重ねたが、無理だと分かり、
野田岩の請求書を踏み倒したことも記録に残っている。

しかし当時考案された、「着ぐるみ作戦」は、後になって役立った。
これは、仮面ライダーが大きくなることはできないので、
大きな相手が来たときには、操縦席に座り、大きなロボット兵器を動かすというものだ。
ウルトラマンが地球に招いた怪獣の連絡先や
最近の興行成績までチェックは終了していたらしい。
後の、ガンダムなどの流れにつながる。


ウルトラマン側は、ここでは東京タワー利権を死守したものの、
その後は、破壊者再建責任法の施行にともない、衰退してゆく。



共通テーマ:日記・雑感

ダルビッシュとショッカー

日ハムのダルビッシュが期待以上の投球をして
日ハムが日本シリーズの初戦をとった

ダルビッシュの長い腕がよく撓り
ボールは激しく回転し
ホームベースのあたりで急激に変化する
ダルビッシュの投げる球はまるで
卓球のボールみたいにスピンがかかっている
そのようすが テレビ画面からわかる
空振りをする様子で伝わってくる

52型フルハイビジョン液晶の最適コンテンツのひとつだと思う

*****
一方で、放送の合間には、
新しいパチンコ台
ショッカーと戦う仮面ライダーたち という趣向らしい

ショッカーという軍団くらい、
戦略に欠けた集団も珍しい
長期ビジョンを発表したこともないし
派閥も内紛も聞いたことがない
フラットで場当たり的な素朴な集団なのかと
一瞬思うが、そうではない
そんなはずはない

目的は世界支配ではなく、
世界に現在のまま寄生し続けることである

仮面ライダーを
実質支えているのはショッカーである
ショッカーがいなければ
仮面ライダーは無用の長物なのだ

発生原理から説明すると、
仮面ライダーよりも先にショッカーが成立している

ショッカーが人体改造しようとしたものの、
ある種の失敗が生じ、そこで仮面ライダーが誕生したと説明される

当然、それは失敗ではなく、シナリオどおりなのであって、
ショッカーという組織を維持するために、
仮面ライダーが必要だったのだ

仮面ライダーの立場に立って考えてみよう
そのように道徳科で教えられるのだから
容易に分かるように、ショッカーがいなくなってしまったら、
仮面ライダーは生活できない
仮面ライダーが怪我をして2年くらい休養しても、
ショッカーとしては、マスコミ対策で別のことを考えればいいだけで、
たいして打撃にはならない
代わりの仮面ライダーを作るとしても、
簡単な技だけでいいのだから、とりあえず人選も難しくない

社会人としての仮面ライダーは不安定なのだ
資格もないし、技といっても、
「子供が容易にまねができて、誰も怪我をしない」
ものに限定されるのであるから、
技で差別化することもできない。

いずれにしても、ショッカーを本気で撲滅するために
仮面ライダーがいるのではない
本気なら、仮面ライダーは、ボスを相手にして、必殺技を繰り出すはずだ
しかしそれはしない
ただ週に一度、負け役の怪人を相手にして、
安全にライダーキックをしてみせる

ショッカーが消滅すれば仮面ライダーも過去の人となる
むしろショッカーを維持するための装置が仮面ライダーとの
週に一度の興行である

ここは最大の注意を要する
隣国が悪い奴だから、防衛費を削ることはできない
という理屈で説明することが多いものだ。
つまり、ショッカーが悪いから、仮面ライダーはますます重要だ!
なんて日テレで宣伝している

でも、
隣国を援助するために、隣国には悪役になってもらい、
こちらは正義の味方を演じる、
そのようにすれば、援助をする代わりに、
正義の味方というポジションが得られるという、
Win-Winが成立するのだ。

仮面ライダーは、個人営業で経済基盤が圧倒的に弱い。
ショッカーとの興行を組んでもらい、胴元から興行代をもらい、それを申告し納税している。バイク屋で生活しているのではない。これは国税が把握しているとおりである。一方のショッカーは、自分たちが悪役を演じて興行代をもらい、それをやっつける正義の味方とほぼ同額の興行代をもらっている。胴元は仮面ライダーの多分二倍程度の収入になっている。
こういう仕組みの中で、ショッカーは、仮面ライダーに、キックバックを要求するのである。仮面ライダーはそれを拒めない。悪役と正義の味方で役を分けた場合、金を払ってでも、マスコミ用に、正義の味方のポジションがほしいものなのだ。
そこを見越して、ショッカーはぎりぎりまでのキックバックを要求する。その契約が成立しさえすれば、後は、悪役を引き受けながら、財産保全と次世代の育成だけが仕事になる。ショッカーの場合、次世代に血縁を当てることはしないらしいが。

経済格差拡大の結果、
ショッカーになりたいと志願する人を確保することはできていて、
当面は困らないそうだ

グローバリゼーションの中で、
ショッカーの国際化も容易なのかと思うのだが、
各国にショッカーに相当する組織はあり、
さらに税制の問題があり、難しい。

ショッカーに必要な言葉は非常に限られていて、
その点では実にグローバルであるが、
日本の特殊性を反映して、高機能携帯を使えないと、
現場に朝集合することが難しいらしい。
そのことを他国人に強制できないし、
他国で活動するとして、携帯のインフラが弱い。
携帯がないと寂しいし、仕事の連絡にも困るし、ゲームもできないし、
目覚まし代わりにしているので、朝も起きられないし、
結局、組織としては現状維持を選択したようだ。
仮面ライダーの側も、海外興行は利益率が悪いので渋ったらしい。

ショッカーは一時、ユーザーとしてではなく、
携帯会社として国際進出を検討したこともあるが、
隊員は極端にIQが低く、
一方、有能な人間を入れると、今のままの組織では運営できないと考え、
無理だと結論した。

失業対策の側面で言えば、
自衛隊に入れば、軍事行為ではない行動という名目の、
しかし自衛隊でなければならないらしい、
ガソリンスタンドの任務に当たらなければならない。
そんなものにかり出される危険をおかすよりは、
ショッカーの方が安全でいいという若者も増えているようで、
ライダーキックで倒された後に、泡になって消滅するのはやりきれないが、
それは単に映像処理であることが、放送が面を見ていても明白で、
ショッカーに入るときの心理的妨げには全くなっていないらしい。
自衛隊なら自動車整備士になる道もあるが、
ショッカーはそのように仕組みはなく、
自分で自己啓発しなければならない。
組織がある程度大きいので、
最近ではメンタルケアの必要が法的に要請され、
EAPなどの導入が決定している。
しかしショッカーはその経費も削減したいので、
組織は別にするが、実際は一体の組織としてのEAPを
組織するということだ。
実際、ストレスの大きい、気の毒な職場である。
それを外部の人間が詳細に知り、
一種のマインドコントロールを解除してしまうと、
組織の側も困るのだが、隊員の側も、
長期にわたるPTSDと喪失感による
精神的不全を経験しなければならない。

隊員確保のためにも、
ショッカーは、新自由主義に賛成なのだという
ホリエモン、オリグチの成功と、ショッカーの勢力維持は
表裏一体なのだ
ショッカーから総理大臣を出したいとは思っていない
(ここであることを書いたが、自己検閲した)

いずれにしても、ショッカーは法人としても税を払っていないし、
メンバーは低所得だから税をほとんど払っていない
正式の雇用契約もない
だから消費税にはどちらかといえば反対である
しかしそれ以上の給付が約束されるなら、賛成するとも言い

組織の類型としては限りなくフラットで、
階層構造はなく、
直接ボスからプライベートメールが飛び込む

思想の根拠としては
アナルコ・キャピタリズムを基礎にしている
アナーキーなキャピタリズムということだが、
相続税を100パーセントにして、
みんなが同じスタート台に立つということ、
そしてその後の競争は、フリーマーケット方式ということ、
これが原則である。
だから、世の中ではびこっている、二代目、三代目は、成立しようがない。
ショッカーのメンバーは、だいたいが財産に乏しく
むしろ負債を抱えていることが多い。
アナルコ・キャピタリズムの原則に従い、
最初の資産はなし、全く平等にショッカー生活をスタートする
ここで、自分の借金をゼロにしてもらえるのだ
これは現実にとても大きな魅力だ
そしてその後は全く自分の努力だけで生き抜く
コネなんか一切なし
といっても、努力の内容としては、ライダーキックを受けるときに、
急所をはずして、かつ、派手に吹っ飛ぶという、技で、
ライダーキックが単純な技であるように、
ショッカーに要求されている技能も、単純なものである。
トヨタなどの一般社会では、
「蹴られる技」の技能大会を開こうということになるが、
ショッカーではそのようなことはしない
そんなことは学校時代だけで勘弁してくれと反感をもたれるらしい。
一方、偉くなる人、儲ける人は、制限がない
税金は安いし、ポストならばいくらでも新設すればいい
たとえば、社会保険庁の解体が決まると、
厚労省は新しい組織と権力の新設を画策している。
ショッカーは日本国の中にできたもう一つの国のようなところがある

誰でも考えることだが、
ショッカーはなぜ同時多発テロ攻撃を発想しないのか、
そこにショッカーの正体を知る糸口がある
週に一回、仮面ライダーと一騎打ちをして、いつも負ける
それはマスコミ興行というもので、プロレスと同じだ

仮面ライダーというネーミングも、
まさにプロレス方式である
第一、仮面ライダーは「仮面」とは全く関係がない
変身ライダーなのだ

必殺技も、ほぼ原始的な、プロレス技を踏襲している
ロマンはあるが実効性はない
ライダーキックというネーミングとその実態は
力道山の空手チョップとか
ジャイアント馬場の16文キックとか
そのあたりのテイストがくっきりしていて
文化人類学的に
縦にくっきりと一筋、素敵なラインが刻まれているのだ

ショッカーの今週予定の怪人が東京で仮面ライダーを足止めしている間に、
同時多発的に
福岡、愛媛、広島、神戸、大阪を制圧して、地方マスコミを独占、
ゴルバチョフとショッカーの歴史的相互理解などを演出する。
雪の降る地域は貧しいので放置しておいても、
ショッカー入隊者は維持できる。
料理が好きなので利尻昆布の北海道ははずせなくて、
京都から金沢をおさえ、
大館などの小京都で宴会の場所を確保、
おおむね北前舟のルートを占拠する。

*****
そんなことを思っている間に日ハムは勝ち、
勝利監督インタビューは、
最後に言った事を大胆に膨らませるという
大胆な技を「通訳」が展開している間に
途中でコマーシャルが入って終り
全く誰も興味がないのだということが分かり
私たちも別の話題に移っていった



共通テーマ:日記・雑感

Panalion

もともとは
panarion をタイトルにしようと思った
古い言葉で 薬箱 のこと
薬籠中のもの なんていうときの 薬籠 という訳語が使われる

*****
必要のない注釈であるが気が向いたので書き留めておく

昔々、キリスト教世界では異端派との抗争が盛んであった。
聖書にもいろいろと難癖をつけられる点はあるので
それをあれこれと言い立てて騒ぐ異端派の弾圧には
かなりの力をさいていたようだ。

正統派に対して、主に納得できない点は、
善なる神が善なる世界を創造したのに
どうしてこの世にはこんなにも不幸や悪が多いのかという点である。

たいていは、そのうち報われる、神様はすべてを見ている、と言い、
それで足りなければ、あの世で報われると言うわけだ。

不治の病で死んでゆくのも神のお考えであり
生まれたばかりの無垢の子どもがむごい死を与えられるのも
神の摂理だなどと言うに至っては
やはり今ひとつ説得力がなくなる。

そこでグノーシス派などの異端派が
いろいろな説を展開する。
極端なものは、この世界は、悪の神が作った悪の世界で、
善なる神は、この世界とは全く関係なく存在している、などと主張したりする。

また、世界の不幸は肉体と物質の不幸であって、魂は善であるとする。
すると、肉体と物質は徹底的に抑圧すべきだという禁欲派も発生し、
一方で、魂の善と物質や肉体は関係ないのだから、
物質と肉体は自由に快楽を求めてもいいのだという派閥も出現した。

よい子にそんな説を聞かせて、
この世界はどんなことでも許されているんだと誤解したり、
快楽にふけってもいいんだと勘違いしたりするといけないので、弾圧する。
主張者を殺し、著作は燃やし尽くす。
だから、正確なところ、異端者がどんな主張をしたのか、
現在では正確な全体像を知ることはできない。

しかしながら、キリスト教正統派は、異端を攻撃するための文書を大量に残しており、
攻撃して否定する際には、異端者が何を主張していたかを述べる必要があった。
そこで、異端攻撃文書を研究すれば、異端派の教義の内容が分かることになる。
正統派はそのようにして異端派を文献の中に保存してしまったのである。

そのような、異端から魂を守るための正統派の本のひとつが、
panarion 「薬籠」である。
異端という毒蛇に噛まれたときに、
素早くつける常備薬といった意味である。

そんな背景があって、
panarionとは、私の場合、間違った教えに対して、それを訂正する正しい考えを
用意した薬箱という意味である。

*****
しかしそれでは何とも大げさな名前をつけたようで申し訳がないし
私は日本耳だからrとlの区別なんかつかないわけで
スペルミスをしてpanalionとすることに決めた

そうすると、pana+lionみたいになり、

この子はライオンじゃないけれど、ちょっと喜ぶかと思った

この子はso-netを使っていることでも分かるように
sonyの方が好きなので、
sonalion のほうがいいと駄々をこねたが、
一応納得した

本名はpanalionで ペンネームを sonalion ソナリオン にするそうだ。
そういえば、命名というものは、自分では名前を選べない、
親の独占的権力であり、それはおかしな制度であると、
うすうす気付いているらしい。
自分の名前を親が決めるなんてなあ。

そういえば、panasonic はpan+sonicで「至る所に音」の意味になる
ドラエモンなら「どこでも音楽」である。

*****
また、panasonic を少し無理にpan+a+sonic で解釈すれば、汎+欠如+音ということになる
広汎性静寂で、これは禅みたいだ

本当はpan+electron で 造語すればよかったのにね
panele なら パネーレ で エレガントでいいなあ

*****
薬の名前は紛らわしいのが多くてみんな困っている
新薬はまだしも、ジェネリックを含めると、電子カルテで検索してもややこしいこと限りない


ーーーーー
カトリックの異端排撃を観察すると
排除や隠蔽が結局は問題そのものの永久保存になっている皮肉を感じる
それは見事なもので
グノーシス派の完全勝利だと私は思う

カトリックが永続する限りグノーシスは保存され続け
グノーシスの勝利の音は鳴り続ける

主体はそれを排除するのに
排除のゆえに浮き彫りになる

誰が見ても明白なくらい
自分は隠蔽しているつもりなのだろうか
それとも見て欲しいのだろうか
非常に疑わしいとも思われる不思議な光景である

なぜそのような隠蔽をするのかも分からない
完全無視を続けて
自己の完全性だけを言い続ければカトリックとしてはそれで良かったはず

なぜ躍起になって批判しそんなものを記録していたのか
グノーシスを記録しておきたかったからという
隠蔽された欲望があったとしか思えないのだ

ここでは隠蔽が二重に適用されていて
大変に微妙である



共通テーマ:日記・雑感

私有コミュニティについて

フリードマンは国家は私有コミュニティで代用できるとする
*****

完全な自由社会に対する反論でよく見られるものの一つは、道路・歩道といった公共設備の供給や、夜間大音響で音楽を楽しみたい私とベッドで眠りたい隣人との利害衝突といった外部性問題の解決には政府の介入が必要であるというものである。そしてそれに対するリバタリアンの反論で時折見られるものの一つは、このような問題の大部分は私有コミュニティによって解決されるというものである。集合住宅を供給する住宅開発会社は道路や歩道も作る。家を購入する人は公共設備を使用する権利とそれを保全してもらう権利を得る。購入者はあらかじめ設定された算出方式に従って公共設備の維持費用を分担することに同意する。

そのような私的な解決は実際によく見られるものであるが、それは外部性についてもうまく対処している。私の同僚がよく言っていたものである。自分の住む(私有)コミュニティでは近所の許可なしにドアの色も変えられないんだよと。それは契約条項の一つだったのだ。マンションというのは一つの建物に全住人が入るというだけで本質的に私有コミュニティと同じだが、その契約には隣の部屋に不当なコストを負わせる行為に関連したトラブル解決ルールが含まれているだろう。またどのような私有コミュニティにおいても、新しい状況に対処するために契約の当事者たちがそれを修正できるということは多いはずだ。

こういう私的な制度は興味深い問題を提起する。どういう意味でそれらは政府でないのか?知人のイギリス人はマンションの共同管理組合と地方自治体は本質的に同じだと言っていた。それらはいずれにしても彼がある特定の場所、つまり地方自治体の中のマンションの一室に住むという行為に対して何かしらの権威をもつ。どちらの団体も彼にルールを課す。またどちらも彼に「課税」する。(マンションがその管理費を税金と呼ぶことはないが。)どちらもルールと税金を民主主義的方法で課す。(一方は市民の投票で、もう一方はマンション住民の投票で。)ではマンションの共同管理組合が一連の問題のよい解決法だとして、いったいそれはどういう意味で私的な解決と言うのか?別の言い方をすると、そのような制度がマンション共同管理組合あるいは私有コミュニティと呼ばれるときはリバタリアンは是認するのに、なぜそれが政府と呼ばれるときは認めないのか?

この問題に対する一つの答えはリバタリアンの自然権の議論から出てくる。つまり私有コミュニティは政府と違って他人の権利を侵害することなしに存在している。住宅開発会社はまず土地をそれらの所有者から買い、政府的な制限が契約に含まれていることに同意した購入者だけに売る。一方、地方政府が存在するのは、過去のある時点において住民の多数派(場合によってはその場所が立地する国の多数派)がそれを作ることを決めたからである。同意していようといまいと、それら多数派がそこへ住んでいるすべての人間に自分たちのルールを課す。

この答えは妥当なものである。だがそれは多くの非リバタリアンを納得させるものとは思えないし、私にとってもおもしろい答えではない。この小論の目的は別の答えを提供するものであり、それは権利に対する特定の見方に依存しない。「政府的な」制度があったとして、なぜその存在の仕方が問題になるかということについてはもっと実用的なよい理由がある。そしてこれはその過程で誰かの権利が侵害されるかどうかといった話とはまったく関係がない。

地方政府を作ったり改革したりする政治も似たようなものだと思うかもしれない。有権者も結局のところ魅力的な制度のもとで暮らしたいし、したがって新しい地方政府を作ったり古い地方政府を改革したりする政治的企業家も魅力的な制度を作ろうというインセンティブがある。これはある程度まで真実である。だがそのインセンティブは私有コミュニティの場合に比べればずっと小さい。民主主義がその機能性で資本主義にとうてい及ばないのには理由がある。

一つは有権者個人に、提案された政治的変化が実際彼の利益になるかどうかということを知ろうとするインセンティブがほとんどないことである。実際に起こることについて彼の一票は小さい影響力しかもたないからだ。一方、コミュニティの購入者個人は家を買うか買わないかということで「投票」する。彼が反対票を投じるなら、ある特定の制度のセットのもとで彼が暮らすことはない。彼が賛成票を投じるなら、家を買う前にその制度を調べてみる強いインセンティブがある。少なくともその住宅開発会社が以前に販売したコミュニティについて、現在における資産価値と公共設備のコンディションをきちんと調べようとするだろう。

政府の最も重要な特徴の一つはそのサイズである。平均的なアメリカ人は、少なくとも何万人おそらくは何十万人もの市民が暮らす自治体に住んでいる。一方、マンションあるいは私有コミュニティの平均的な住人はだいたい100人程度の「私的政府」のもとで暮らしている。このことはけっして偶然ではないだろう。



共通テーマ:日記・雑感

もの思へばはかなき筆のすさびにも心に似たることぞ書かるる

平安朝の貴族は、
男女二人でいる時に、
無論いろいろなことをして退屈はなかったのだが、
紙に言葉を書き付けて遊ぶことがあった。
絵であることもあり、
詩文の一部であることもあり、
自作の言葉であることもある。
それは現代の男女も同じで、
たとえばはやり歌を口ずさみ、
自らの心を託したりもする。
あるいはお互い知っている歌の歌詞の一部を口にする、
あるいはメールで送る、メモに書く、
ことにより、思いがけない心を伝え合ったりしている。
たとえば、深く思ってはいけないはずの人なのに、
いつしか思ってしまったことだと二人は知ってしまったりする。
松任谷由実などなら多少の年の差も飛び越えることができるし、
今井美樹でも、まあ、チャゲアスでも用は足りる。

共通の文化的背景がないと通じないけれど、
ふと書いた断片的な言葉で、
いままで潜在的だった心が顕在化することは、
大いにあることで、
死にたいなんて思っていなかったのに、
ふと「死にたい」と書いたことで、
決心が固まったりする。
関係に踏み込もうなどとは思っていなかったのに、
ふと「今日の予定キャンセルになりました」と
秘書が部長に伝えると、
そのあとはもう、シナリオをずっと考えていたみたいに、
事柄が罪深く進んでしまい、
世の中の定まり通り、
妻に知られ、男は曖昧に逃げ、
女はメンタルクリニックで安定剤をもらうのだ。
それはもう、秘書として配属されて、
部長の香りを嗅いだ時に決まったようなものだった。

シュールリアリズムの時代に
自動筆記という楽しみがあった。
精神分析の影響で、意識は検閲の結果であると考えられ、
検閲以前の無意識の層の記述をするために、
意識作用を排除して、無意識層をそのまま自動的に記述する。
男女が何かしながら、口から出る言葉、
男女が筆を遊びながら、ふと書き付ける言葉、
それは自動筆記だ。

そこに書かれた言葉は、
自分の心の意外な一面を教えてくれるという和歌で、
とても現代的な、上智大学心理学科卒業の真央ちゃん的歌である。

共通テーマ:日記・雑感

そば屋「どんどん」

高輪口降りて横断歩道渡る、京浜ホテル一階。
早く軽くすませたい時に使う。
カロリーカットにも最適。
夜遅く行くと中国の人たちがたくさんいた。


ーーー
この記事を書いたのが2006年11月1日のこと
今ここの一帯は取り壊されてバチンコ屋である


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うらめしや。成仏しろ。の翻訳。

お岩が恨んで出ると
「うらめしや」という
This is cruel.

それに対して
「成仏しろ」と切りつける
その時のセリフは
Enter Nirvana!

一念通さでおくべきか
という部分は
One year ・・・と多分誤訳 



共通テーマ:日記・雑感

黒髪を手にたぐりよせ愛(かな)しさの声はなつまでしひたげやまず

黒髪を手にたぐりよせ愛(かな)しさの声はなつまでしひたげやまず
岡野弘彦『滄浪歌』昭和四十七年

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。